酢を造るといふ仕事|富士酢醸造元 飯尾醸造 イメージ画像

更新情報

先週土曜日に行われた大学入学共通テストの地理Aおよび地理Bにおいて、蔵のある宮津市や与謝野町に関する設問がいくつも出題されました。 ≪設問≫ 特に問5の資料2、「聞き取り調査の結果」において、 NPOや地元企業などにより、棚田の保全が進められている
『天橋立やウチの棚田が大学入学共通テストの設問になりました』の画像

コロナ禍の中、毎年12月に地元公民館で行われている餅つき大会も中止となりましたが、相見家の餅つきは今年も行うことが出来ました。数年前に父から「餅つきはもう辞めようか」と、話が出ましたが、子供達の為にも残したい、何故なら我が家の餅つきは、昔ながらの杵と臼で搗
『昔ながらの餅つき』の画像

あけましておめでとうございます。 年末年始と厳しい寒さが続いています。ここ数年は少雪だった丹後も、この冬はかなりの降雪です。 特に富士酢の米を作る棚田は標高400mある高地のため、今現在の積雪は1.5mに達しています。 例年ですと節分あたりがピーク。 数年前の3
『苦手な冬…雪に想うこと』の画像

コロナ禍で外出自粛を余儀なくされている今、おウチ時間を楽しく過ごしていただきたいという思いから、今回、お酢を9,000円以上(届け先 1ヵ所につき)ご注文いただいたお客様に、お酢屋母娘のレシピ本を2,000冊限定でプレゼントします。 お料理のレシピはもちろんですが、
『【限定2,000冊】お酢屋母娘のレシピ本をプレゼントします』の画像

2021年(令和3年) 明けましておめでとうございます。酢造りの相見です。 一日も早い新型コロナウイルス感染症が終息し、平穏な日々が戻りますように。 と、願いを込めて門松を作りました。門松は、歳神様が地上に降りてくる際に家々を訪れる目印となり、宿る場所とい
『2021年を迎える』の画像

今年もあと3日!恐ろしいスピードで12月が終わろうとしています。 流行に無頓着な私ですが、今年は何が流行ったのかなぁーと思い調べてみました。 58万人を調査したLINEリサーチによると、 3位 半沢直樹 すみません…ドラマということは分かるけど、観たことないので内容は
『2020年を振り返って』の画像

元来、文章を読むことは好きですが、近年は新聞⇒ネットニュース、雑誌⇒ネット上のコラムに変化していって、書籍という形は減ってきてるかも。で、今年1年で読んだ(読み返した)本のうち、寄付したまちづくり系や、貸し借りしているもの、今一つだったものを除外して並べてみ
『2020ブックオブザイヤー自家版』の画像

初雪が、降るわ降るわで大雪に一気に白銀の世界に 楽しいやら、困るやら、寒いやら… 雪が降る前の野菜達の写真です。 腹ペコあおむしの芸術作品 全集中 気持ちの呼吸 あおむしは、蝶になりたいし(虫の気持ちになって) ブロッコリー、白菜は、大きくなりたいし(野菜の
『農園(雪の下に)』の画像

年末のごちそうと言えば、何十年もの間「すき焼き」だったのですが、 数年前から「手巻き寿司パーティー(テマパ)」にかわりました。 そう、このお酢に出会ってから・・・ ここ最近の我が家の「テマパ」には特徴と言いますか、こだわりがあります。 それは、大人サイズと
『年末のごちそう』の画像

めっきり寒くなり布団から出たくない市川です。 12月14日忠臣蔵の日(四十七士討ち入りの日)から降り続いた雪は丹後を銀世界に変えました。 今日の天橋立(Photo by田中梓ニ) 今日の朝一番の仕事はもちろん雪掻き! 今年初の雪掻きは社員総出で、五代目
『雪降る朝に』の画像

自宅から歩いて数分のところに「野田川」という川が流れています。 大江山山系を水源とし、与謝野町を南北に縦断している二級河川ですが、 私の家はどちらかと言うと上流に近いところに位置しています。 その「野田川」に毎年、鮭が遡上していると話題になっていて、近所の
『みんなに見守られて…』の画像

12月になり何となく気ぜわしくなってきました。 新年に向けての準備をあれこれ始める方もいらっしゃることと思います。 さてこのたび期間限定商品として、やまつ辻田さんの極上七味をご案内します。 その名も “寿ぐ「七味の年賀状」”です。 新年にふさわしく、「寿(こ
『新年のご挨拶は “寿ぐ「七味の年賀状」”で』の画像

こんにちは。今回は不摂生による体験です。 今から4年くらい前、京都市内で働いていた時のことです。 食事に気をつかっていない私は、朝は食欲がなく、昼は食べると仕事に集中できないという理由でとらず、夜は疲れて適当にすませていました。 そんな生活を続けていた12月
『足からレモン』の画像

皆さん好きな料理は何ですか? 私は好きな料理がたくさんありすぎて順位を付けるのが難しいですが、間違いなく上位に入ってくる料理が餃子です。 我が家では月1回くらいのペースで自宅で餃子を作ります。いわゆる宅餃子。 ただ、個人的には週1回ペースで食べたいくらい餃
『宅餃子』の画像

   朝晩少しずつ冷え込んできました。 自宅の薪ストーブのメンテナンスも終わり、ついつい時間を忘れて燃える薪の炎をボーっと眺めるのが大好きな今井です。    いよいよ紅芋祭り(紅芋醪の仕込み) が今年も酒蔵で始まりました。 九州から無農薬栽培の紅芋 (ムラサキマサ
『恒例の紅芋祭りの始まりやぁ!』の画像

醪造り担当の藤本です。 前回の投稿から2ヶ月が過ぎ、由良蔵の大工事もようやく終わりました。 今回は紅芋醪を仕込む際に使用する設備のみ紹介致します。 クレーン 原料をスコップで甑から人力移動していましたが、ついにクレーンを導入しました。 スチームクリーナー 以
『 酒蔵の工事が終わりました』の画像

季節限定販売中の『鍋パセット』 https://www.iio-jozo.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=814 そう、今の時季しか味わえない「ごまぽん酢」の登場です! 6年前、田植え&稲刈ファッションショー 入賞者の方への商品として、 五代目 飯尾彰浩が生み出したもの。
『ごまぽん酢』の画像

どうも、こんにちは。 みなさんはどんな朝を過ごしていますか? コーヒーを飲む。 ヨガや瞑想をする。 白湯を飲む。 ジョギングをする。 どれも素敵ですね。 朝にゆとりのある時間を過ごす人に憧れます。 しかし私は少しでも長くお布団の中にいたいタイプ。 仕事に行くた
『1日の始まり』の画像

朝晩が、寒くなってきました。 風邪をひかないように気をつけて頑張っております。山添です。 9月27日のブログでは、順調に成長している農園の野菜達を紹介しましたが… 今の野菜達は、 (白菜) 悲しい (ブロッコリー) もう少しで食べられるかな? (キャベツ
『農園(不届き者参上)』の画像

11月に入り、近くの公園の紅葉も色づきはじめました。朝晩の寒さが体にこたえてきた酢造りの相見です。 今回は、搾り槽の圧搾の様子を紹介させていただきます。 まず、搾り槽に濁酒状の液を袋に入れ、積み重ねます。次に、蓋をのせます。 そして、四種類の重石をのせ一晩おき
『半日かけて』の画像

↑このページのトップヘ