酢を造るといふ仕事|富士酢醸造元 飯尾醸造 イメージ画像

更新情報

なにか万が一のことがあったときのために、飯尾醸造では瓶詰した酢を2本、最低でも2年間は保管します。特に富士酢に関しては年に何回か、「味がおかしい」とか、「腐っている」とかのクレームをいただきます。 結果的に問題はなく、他社様の酢の味に慣れて
『備えあれば・・・』の画像

マグロが勝ちました、どっちの料理ショー。でも、大トロにぎりとガリに使われた富士酢の映像はありませんでした…。 まぁ、そんなことより、マグロが勝ったということは、縁の下の力持ちとして貢献できた、ってことで。これからも日本中の富士酢を使ってく
『マグロ勝利! でも・・・』の画像

毎年、お中元・お歳暮の時期になると、事務スタッフの動きが活発になります。(普段はヒマそうにしている、っていうワケではなく) ご注文いただいたギフト商品を一つひとつ包装するために、酢を運んでくる者、箱に詰める者、間違いがないかチェックする者、
『送るヒト、もらうヒト、包むヒト』の画像

田植えから1ヶ月半が経過しました。 棚田特有の変形した田んぼを大小含めて33枚、弊社の蔵人達が作業、管理しています。昨年は、特に山間部の田に多いと言われるイネミズゾウムシに泣かされ、反収3俵弱という無残で情けない結果に終わりました…。 今年
『招かざる客』の画像

カタログの細かい部分を修正しました。 その中でも最も大きな変更点は、やっと紅芋酢500mlが掲載されたことです。(発売は昨年11月でした。) 弊社の紅芋酢は動脈硬化やガン、老化のモトとなる活性酸素の働きを抑える力が一般的な黒酢の40倍、他社紅芋酢の
『紅芋酢500ml登場!!』の画像

京都市から松平さん、手塚さんが見学に来られました。以前から富士酢をお使いいただいている方々です。 松平さんは京都の漬け物の文献を基に府内の郷土食を復元・活性化したいとの思いから、「酢粕漬け」の手がかりを求めて弊社に来られたとの事。 しか
『漬け物に学ぶこと』の画像

蔵の側の畑に植えたかぼちゃはすくすくと生長しています。 苗を植えた直後は雨不足から、当番制で水やりに行っていましたが、最近の雨と暑さから順調に大きくなっています。 黄色い花やそのつぼみは株に10〜20もできていますが、受粉できずにほとんどの花
『続・かぼちゃ作り ―赤ちゃん誕生―』の画像

事務所の片隅にて商品開発。弊社にはきれいな商品開発室も糊がパリっと効いた白衣もありませんが、地味に二人で何種類ものサンプルを作りました。 まだ何を作っているかは明かせませんが、来月には新製品をお披露目できるかも知れません。 商品開発のとき
『ままごとみたいな』の画像

社団法人HBA日本ホテルバー メンズ協会の方が14名、蔵の見学に来られました。 京都・滋賀・奈良の様々なホテルのレストランやバーに勤務されている、いわば「食のプロフェッショナル」の皆さんです。 簡単に弊社の酢造りについてご説明した後、全ての商品
『ホテルバー メンズ&レディース』の画像

ただ今、契約農家さんが黒豆の苗を植え付けされている真っ最中です。 3,500本予定の約半分を植え付けされたそうですが、1人か2人ということでかなり気の遠くなるような作業です。 また、植え付け後も野うさぎや猪などの被害に遭わぬよう、田んぼ同様に電気
『続・黒豆作り』の画像

ナス、きゅうり、モロッコ豆…。祖母の畑に野菜をもらいに行ってきました。もちろん全て無農薬栽培です。その中でも、私の一番の好物は万願寺とうがらし。最近は京野菜のひとつとして、関東でも市場に出回っています。英語では普通のとうがらしも万願寺もグリ
『万願寺とうがらし』の画像

本日の読売新聞朝刊(24面)の小説「にぎやかな天地」で飯尾醸造の酢造りを取り上げていただいております。 宮本 輝さんの蔵訪問はスケジュールの都合で叶いませんでしたが、食酢業界の歴史や酢造りの様子がわかりやすく描写されています。 総助という登
『宮本 輝』の画像

この二つの田んぼの違いは何でしょうか? 稲の生育状況が違うのでわかりづらいかもしれませんが、農薬(除草剤を含む)の使用/不使用の違いです。 左の写真では、稲は青々を茂っているのに稲と稲の間には草が1本も生えていません。これは除草剤を使った
『ひと目でわかる?田んぼの違い』の画像

梅雨空の下、田んぼの草取りに没頭しています。 水草の種類や成長度合いを見て田車を使ったり、手で抜き取ったりします。 さすがに連日の草取りになると、このむし暑さの中、手に握力がなくなり、腰が痛くなったりと疲労は少しずつ蓄積されます。 時々、
『ちょっと一服』の画像

蔵から車で30分ほどの加悦町にある、旧 尾藤家住宅に行ってきました。平成14年に京都府有形文化財に指定後、尾藤家より建物が寄付され、保存修復工事後の現在は一般公開されています。 尾藤家は戦国時代には武士であったことが記録として残っており、代々、
『旧 尾藤家住宅』の画像

昨年末に手に入れた木桶を使うべく、その準備として水を溜めました。 この木桶は新品ではなく、もともと酒屋さんで使われていたものをバラした後、表面を削って組み直していただいたものです。 新桶の場合は木の香りが強いため、最低30回以上水の出し入れ
『進水式ならぬ浸水式』の画像

18年ものの梅酢を発見しました。 土蔵から私が見つけてきたのですが、事務所のみんなに見せても反応はイマイチ。玄米酢で仕込んであったのですが、18年の間に青梅は溶け、色は真っ黒に変わっていたからでしょうか。 ろ過をした後、恐る恐る水で薄めて飲ん
『お宝発見!? 昭和の遺物』の画像

今年の6月は本当に雨が降らず、田んぼに水を確保するのが大変でした。 地元の農家の方達も「梅雨に入っても、こんだけ雨が降らん年は・・・記憶にないな〜」 そのため水路に流れ込む川の水を、少しでも多く引き寄せるために土のうを作りそれを一つひとつ積
『ついに雨が・・・』の画像

今日も朝から蔵人が4人、私はお昼を過ぎてから田んぼに向かいました。契約農家の方の田んぼに草取りのお手伝いに。 我々の手動田車 VS 農家さんの自動田車 その結果やいかに? 自動田車は一気に3列の草取りができます。 ガソリンで動く
『草取り対決』の画像

昨晩から今日にかけて、待ちに待った雨が降りました。 蔵人をはじめ農業に携わる人々の願いが強かったせいか、思った以上の雨が降りました。 特に京都府北部の丹後地域は午前9時35分に大雨・洪水警報が発令されたほど、前日までとはうって変わっての天気。川
『雨のありがたみ』の画像

↑このページのトップヘ