酢を造るといふ仕事|富士酢醸造元 飯尾醸造 イメージ画像

更新情報

   どうもっ!今日の朝は凄く寒くて、酒蔵までの道のりを車で走ってる途中、吹雪になり前が見えなくビックリしました! 雪道を車で走るのが大好きな、今井です。   泊り込みも終え酢酛醪の仕込みもひと段落し、あとは醪の火入れ殺菌と、紅芋醪の仕込みがまだ残ってます。
『aceto で甑倒し』の画像

春になると子供のいる蔵人達は卒業、入学や引越し等で、休日も関係なくバタバタしているなんて話を休憩時間よく耳にします。クラブ活動している子の送り迎え、塾帰りのお迎えや一年中何かしら子供に関わっていて、子供の為に一所懸命なみんなの姿を見て、大変だなぁという気
『育てるといふ事』の画像

ブログを書くにあたり、自分が過去に書いたブログを見直してみると、初めて書いたブログが2018年3月5日でした。 初めてブログを書いてから約2年が経過しました。 そして今回が18回目のブログとなります。 もう18回も書いているんだとびっくりしました。 と、同時に18回も
『ブログ』の画像

宮津市のミップルのそばの浜町パーキングの1階、レンタルスペースにて 土曜日にときどき出店されていると聞いていた「クマの隠れ家ひだまり」さん。 先日とうとう出会えました! この時期のおすすめは、飯尾醸造の所在地でもある栗田地区で採れたイチゴ“章姫”を 使った
『丹後のええところ』の画像

今年は、冬があったのかと思うぐらい雪が降らず暖かい日が多かったですねぇ 3月になりました。 春が、そこまできてます。 今の農園の姿です。 収穫後の植木鉢 何も無いのが、悲しい でも、 芽キャベツ立派に収穫出来ました。 そして、ポトフ風にし
『農園の今』の画像

節分冬中言うて1番冬で寒く、冬の折り返しでまだまだ寒い日が続くんやでと親から聞いていましたが、今年も雪が降らない丹後です、2月に入って景色が白くなり、冬が来たと実感できたのは二日間だけでした。 が、酒蔵の近くの野原には早くもつくしが顔を出していました。暖
『節分冬中』の画像

丹後の冬らしからぬ、暖かい日が続いています。 寒がり屋の私にとっては、本当にありがたいこと…。 さて、今年のNHK大河ドラマは「明智光秀」の物語ということで、 お隣の福知山市ではたいそう盛り上がっているようです。 実際にどんな盛り上がりようなのかと足を踏み入れ
『麒麟がいた』の画像

アチェートから徒歩3分ほどのところに、重要文化財「旧三上家住宅」があります。 江戸時代に糸問屋や酒造業、廻船業などを営んでいた商家「三上家」 http://www.amanohashidate.jp/mikamike/ 白壁が美しい✨ 茶室。カリンの木を磨き上げた床柱。鯉を彫った欄間。目は玉眼
『宮津ぶらり旅 三上家住宅&三上勘兵衛本店』の画像

『田植え体験会』、今年の日程が決まりました。 今年もまたお手伝いいただけますと、とてもありがたいです。 ≪昨年の様子≫ お昼ご飯は、棚田のさらに上にあるペンション『自給自足』で作られた、地場食材を使ったボリュームたっぷりのお弁当をご用意いたします。 ま
『今年も開催します!田植え体験会のご案内』の画像

どうも、こんにちは。 もうすぐ ひなまつり ですね。 飯尾醸造ではこの時期お雛様が飾られています。 皆さん蔵見学やお店に来られた際にはぜひご覧ください。 エントランスのおひなさま かわいらしい兎のおひなさま こんな飾りもあります 皆さん、見つけてください
『桃の節句』の画像

個人的に冬は苦手です。 超がつくほど寒がりで、できればこの時期は冬眠したいぐらい。 なので、暖冬という言葉は私にとって朗報なのです。 しかしながら…年末年始からこれだけ暖かいと、私の気分とは裏腹にアカンことも… 今、酒蔵では仕込みのピークを迎えておりま
『今年の春は早そう!棚田の様子は?』の画像

先日、少しではありますが雪が降ってくれたおかげで酒蔵の室温が下がり、ここ数日は例年のリズムで蔵仕事を進めております。 蔵では様々なリズムが存在します。 気候のリズム、米のリズム、麹菌のリズム、酵母菌のリズム、酵素のリズム、作業のリズム、機械や道具のリズ
『リズムを感じる』の画像

京都市内にある国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋」さんに行ってきました。 この書き出しは適切ではないかも・・・ グルメレポートじゃありませんm(__)m 一日100食限定売り切れたら閉店、営業時間わずか3時間半。 ここまで書くとご存じの方も多いかと。 刺激的なタイトルのベ
『究極の絞り込みですべての人が幸せに『佰食屋』』の画像

飯尾醸造のユニフォームとも言える富士酢Tシャツ、通称「富士T」を着て我々は日々の業務に取り組んでいます。 また、会社が行うイベント(田植えイベントと稲刈りイベント)の際には富士酢Tシャツを着て参加してくださる方がたくさんおられて、非常に嬉しい気持ちになります。
『富士酢Tシャツ』の画像

プレジデントムック 手ほどきdancyu 「料理の手ほどき さしすせそ」 (1/31発売)で飯尾醸造を紹介いただきました。 日本古来のお酢の造り方、美味しくて安全なお酢がどのようにしてできるのか、 五代目の想いについて書いていただいています。 また、飯尾醸
『『料理の手ほどき さしすせそ』で掲載いただきました』の画像

どうも! 今井です!   毎年この時期になると「寒っ、寒っ、寒〜い!」の言葉が蔵人から連呼して聞こえる酒蔵です。 しかし今年は暖冬のため、その言葉もあまり聞こえません…   年明けから始まった酒(酢酛醪)造りも、いよいよ初搾りが間近に迫ってきました! 日々の疲労
『毎日、ハラハラ・ドキドキッ⁈』の画像

皆さまこんにちは。寒いですね。寒いんですが、なんかこう、いつもはもっともっと寒いような感じかしますね。丹後の宮津は例年なら雪が積もっていたような。 さて、去年の暮れに、酒造りチームが紅芋の醪(もろみ)を造ってくれたので、次は酢造りチームで美味しい紅芋酢を仕
『紅芋酢を仕込みました!』の画像

酒蔵チームは仕込みが始まると2人1組で泊まり込みの仕事になります。 泊まり込みでどんな仕事をしているのか少し紹介したいと思います。 1、麹の製造・経過観察及び処置 2、酒母経過観察及び処置 3、翌日の準備作業などなど 麹も酒母も
『夜のお仕事』の画像

少し前のことになりますが、宮津市内の洋食屋さん「精養軒」へランチに行ってきました。 創業は大正15年、なんと90年以上も続いている老舗レストランです。 「精養軒」を知ったのは、飯尾醸造に勤め始めてからのことです。 当時頼んだのはAセットだったのですが、ボリュー
『丹後のええところ』の画像

こんにちは。 今年は暖かいですね。おせち料理はいつも部屋の外の冷たい場所に置いておくのですが、今年は傷むのではないかとドキドキでした。 そんな暖かいお正月から半月ほどですが、最近よく虹を見ます。虹を見ると、おおっ!とついつい写真を撮ってしまいます。特に丹後
『虹』の画像

↑このページのトップヘ