酢を造るといふ仕事|富士酢醸造元 飯尾醸造 イメージ画像

更新情報

 醪造りが一段落したということで、蔵人達とacetoで食事をご馳走になりました。 まだ紅芋醪の仕込み等が残っているので気は全く抜けませんが、昨夜だけはホッと一息つかせてもらいました。 <絶品!ホワイトアスパラガス絶品> <3年前に撮った、acEtoがオープンした頃の
『醪造りが一段落しました』の画像

昨年は恒例の『田植え体験会』が開催できず地元の方のみにお手伝いいただいた田植えとなりましたが、 今年は希望的観測も込めてのご案内です。 今冬は何度か大雪に見舞われて年明けの上世屋には1.5メートルもの雪が積もりました。 撮影:伊藤 米作り担当の伊藤は先日まで酒
『今年もお手伝いいただけますでしょうか『2021田植え体験会』のご案内』の画像

コロナ禍で直営イタリアンレストラン acetoが休業している間、シェフである重(しげ)康彦は試作に勤しんでおりました。 実は、数年前からケーキ通販を考えていたのですが、「富士酢だからこそつくれる唯一無二のもの」というリクエストを出していました。 その結果、でき
『aceto×飯尾醸造コラボスイーツ3種を限定販売します』の画像

前回(2/25)のブログで我が家の桃の木の無惨な姿を紹介しましたが とりあえず結束バンドで応急措置 我ながらうまくできたかな?自画自讃(笑) その後は、自然の力を信じて放置+栄養 いやいや、枯れるな、枯れるなと(呪文)を言いながら見守ってきました。 すると
『小さな喜び』の画像

ようやく酒蔵での仕込みが終わり、また棚田へ上がる時期になってきました。 ここ2、3年に比べ積雪が多かったようですが、日中の気温が比較的高く雪解けは早い。 地元農家さん達も春先の作業に向けてせかせかと動き始めました。 で、さっそく任務が… 《軽トラ大集
『2021米作り始めます!』の画像

飯尾醸造で働くスタッフはみんな「富士酢Tシャツ」を着ています。 私が入社してから3回新デザインが誕生しましたが、まだまだ入社当時のデザインを大切に着ています😁 長年着ると色褪せてきたり首回りがよれてきたり… そうなると新しい富士酢Tシャツとバトンタッチ! 古
『リメイクで再出発!』の画像

皆さまこんにちは。酢造り担当の和田です。 今日は飯尾醸造にあるいろんな大きさの熟成タンクを一部紹介します。 さてこのタンク、大きいですねぇー。何リットル入ると思いますか?? このタンクは純米富士酢用の熟成タンクです。このタンクを順番に移動させながら沈殿
『いろんな大きさのタンクがあります。』の画像

だんだんと春に近づいているように感じます。 それにしても今年の冬は雪がよく降りました。 雪は冬の風物詩でもあり、風情が感じられて素敵なのですが、雪が積もると雪かきをしなければいけなかったり、いつもより早起きしなければいけなかったり。 基本的にはテンション
『ついにゲット』の画像

この間は、雪が積もっていたのに今週は暖かい日が続いています。 気温差が激しすぎー⤴️ このまま、春よ来い。 近くを見てみれば 綺麗な梅の花が咲いていました。 でも、我が家では、ショックな事が起きていました。 雪が溶けて、庭を見て み
『ショックです。』の画像

みなさんにはやめられないものはありますか? 私は、毎日コーヒー(毎食後+合間)とチョコレートは欠かせません。 (お酒は?って突っ込みはナシで😂) そして、定期的に食べたくなるのがうどん! 麺類の中で圧倒的にうどんを食べています✨ 食べたい気持ちを抑えていたので
『おいしい食事で元気!』の画像

桃の節句が近づく頃・・・「富士手巻きすし酢」は「富士手毬すし酢」に変身するのをご存知でしょうか。 悪乗りしてしまい、失礼いたしました ただ、声を大にして言いたいのです! 「富士手巻きすし酢」は、手巻き以外のすし飯としても、絶対美味しい! お伴になるあら
『ひな祭りには』の画像

ここのところ3週連続で車中泊をしています。 子ども2人連れて。 息子の強ーい希望でキャンピングカーをレンタルしたいけど、出張のみならず、遠方への帰省や旅行も控えている今は我慢、我慢。 自家用車のシートを外してみると、ちょうど布団が1枚敷ける。(見た目麗しくない
『車で10分、地元で楽しもう』の画像

昔から「酢は身体にいい」と言われてきました。 その理由として、酢の主成分である酢酸が血圧を安定したり、コレステロール値や血糖値を抑える働きについて、報告されてきました。 でも、実はそれだけではなかったのです。 アルコールをお酢にする微生物、酢酸菌自体にア
『にごり酢『富士酢プレミアム(酢酸菌入り)』を限定発売します』の画像

 春はそこまで来てるのに、まだまだ寒い日が続いてますね。どうもッ 今井です! ↑写真の蔵人、誰かわかりますか⁈実は、「acEto」 重シェフの愛弟子! 加畑くんです。 緊急事態宣言の間、酒蔵に助っ人として来てくれてます 。〈櫂入れ中の加畑くん〉〈櫂入れ中の山蔭店
『感謝』の画像

いつも富士酢製品をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。 今日はある意味、製品の品質を落とす取り組みについて、ご案内いたします。 飯尾醸造では40年以上前から、900ml容のボトルを使っております。やさしい曲線ラインのシルエットを気に入っています。 当時は
『モノづくりへの想いと環境負荷軽減に向けた取り組みについて』の画像

どうも!酒蔵で奮闘中の市川です。 今回は酒蔵で活躍する生物達の話をします。 酢もともろみの原料はお米。 お米を酒に変化させるのは小さな生物達が活躍します。 麹菌が米に含まれているデンプンを糖分に変える働きをし、その糖分は酵母によってアルコールへ
『それぞれの役割』の画像

ものづくりを行ううえで設備投資は必要です。ここ数年は、お酢蔵や酒蔵も新たな設備が導入されており、そこには品質重視を前提に労力削減や業務の効率化があります。 僕も農閑期の冬場は酒蔵に入っており、杜氏藤本のhttp://iio-jozo.livedoor.biz/archives/51740579.html記
『今年は、脱・三日坊主…です』の画像

たまに雪の降る日もあるのですがここ数年は冬も暖かく、ノコギリの様な気温変化の対応に毎日あたふたしております。 さて、醪造りも開始から1ヶ月が過ぎ設備も徐々に使いこなせる様になってきました。 <AFTER> <BEFORE> 約1トンの蒸米をスコップで掘っていたのは過去の
『醪造りが始まっています』の画像

皆さまこんにちは。飯尾醸造のある宮津では、春の陽気の気配が近づいてきていたのに一変。真冬の寒さには逆戻りです。明日はまた雪が降るようです。今、世界中がコロナ禍の中、僕たちは生活を変化させていくことを強制されています。窮屈な思いや、我慢を強いられることもた
『レアな助っ人』の画像

↑このページのトップヘ