京都・丹後は11月6日の蟹漁解禁後、観光客でおおいに賑わいます。間人(たいざ)蟹に代表されるズワイ蟹は東京や京都の料亭に出荷される高級品。地元でも一杯、2〜3万円ほどの値が付いています。

もちろん、そんな蟹を食べる機会はないのですが、地元では代わりに安価なメス蟹(こっぺ蟹)が出回ります。実は、高値で出荷されるのは全てオス蟹。それに比べ、メス蟹は2周りほど小さく貧相に見えるのですが、味噌はいっぱい入っているので十分満足できます。

こっぺ蟹



















≪こっぺ蟹≫

冷凍モノではなく、地元で網にかかったモノを注文してから茹でてくれます。そして、包丁を入れて、食べやすくしてくれるのです。

これが、なんと、600円也!

オス蟹1杯分のお金で、こっぺ蟹なら30杯以上食べられます。

こっぺ蟹4



















≪身をほぐして≫

まずはいそいそと身をほぐして。肉の細い繊維を殻から丁寧に外して口に入れると・・・。

うまいに決まってるわけで。

こっぺ蟹3



















≪外子≫

この時期、メス蟹は産卵期を迎えているため、どの蟹も身重。

こっぺ蟹2



















≪内子≫

これがたまりません! 

鮮やかな朱色をした味噌はみっしりと高密度で食べ応えがあり、青磁色の味噌はねっとりとほろ苦い旨味が味らいを刺激します。ホンマは2杯食べたい。

この幸せは来年の1月頃まで。さて、今シーズンはこの幸せをあと何回味わうことができるのでしょうか。

 居酒屋 禅(宮津) 0772-22-7778(こっぺ蟹の有無を電話で確認してください)

                        五代目見習い 彰浩