昨日の蔵見学に続いて、中小企業大学校の仲間と朝から伊根の舟屋へ。運よく、舟屋の里公園でほっかほっか祭が開催されていました。

伊根 祭



















≪ほっかほっか祭≫

伊根 祭2


























≪伊根漁港で捕れた魚≫

アジにタイ、イカなどに混じって、マンボウ、ハリセンボン、アンコウなども。都会の子供達にはたまらないラインナップ。

伊根 祭3



















伊根 祭4



















≪ローカルフードの露店≫

漁村ならでは、の海の幸オンパレード。例えば、

伊根 祭5



















≪バッテラ≫

伊根のなぎさ鮨のオヤジさんが作っています。

伊根 祭6



















≪へしこ寿司≫

そして、若狭名物のへしこも脱塩された後、鮨ネタに。へしことは、鯖を米糠と塩で漬けたもの。漬けている間に、タンパク質が旨味のモト(アミノ酸)へ分解されると共に、乳酸菌によって魚特有の臭み成分(アミン類)が減少するため、食べやすくなります。焼いて食べるのが一般的ですが、薄くスライスして酒びたしにし、お茶漬けにしても良し。

伊根 祭7



















伊根 祭8



















≪アナゴ焼き≫

立派なアナゴが豪快に炭火で照り焼きにされていました。これには行列が。他にも、伊根の寒ブリの刺身や蟹汁、漁師汁なども。

さらにデザートもありました。

伊根 祭9



















伊根 祭10



















≪ヨモギ饅頭≫

これ、爽やかに香る蓬の生地の中には甘さ控えめの粒餡。私は運転があったため、酒を飲むことは出来ませんでしたが、これは素晴らしいランチ・バイキングやったなぁと。

伊根 祭11



















≪天橋立≫

最後は成相山の頂上から天橋立を見ていただきました。実はこの場所が一番綺麗に天橋立を望むことができます。しかも、最も観光客が少ない場所。

中小企業大学校のみんなに少しでも丹後(宮津や伊根)の良さが伝わって、そのクチコミによる観光客数のUP⇒丹後が活性化することを願っています。

                       五代目見習い 彰浩