一昨日、お世話になっている恵比寿の料理学校、フードマエストロクッキングスクール(以下、FMCS)の懇親会に出席してきました。ブログで何度もご紹介しているとおり、日本で初めて、食べ手にフォーカスした講座です。

各ジャンルのグラン・シェフや(私を除いて)各方面でバリバリ活躍されている先生方のプレゼンテーションを五感を通じて双方向のコミュニケーションがとれる、というのが一番の魅力。20名前後の少人数制ですので、一流のシェフの手元をすぐそばで見ることができ、次に自分たちで同じように作ってみて、指導してもらい、食べ終わった後、質問できる。先生と受講生の距離感が非常に近いのです。それは先生方がやりがいや楽しみを感じながら講義されているから。これはFMCSの美女スタッフ陣の功績によるところが大きいと思います。

私自身、出張の合間をぬって、何度も他の先生の講義を聴かせていただきました。だって、料理だけじゃなく、農業や環境、食の安全性などをトータルに勉強できるから。そして日曜日、半年間に渡る講義、認証取得のための試験を終えて、懇親会が行われたのでした。受講生の皆さんがそれぞれ作ってこられた料理や買って来られた食材はまさに圧巻!

その様子は…。

FMCS第一期生懇親会



















FMCS第一期生懇親会2



















FMCS第一期生懇親会3


























FMCS第一期生懇親会4



















FMCS第一期生懇親会5



















FMCS第一期生懇親会6


























FMCS第一期生懇親会7



















≪食材≫

ひとつひとつの食材、料理に物語があります。どこどこで採れた有機のトマト&自家製バーニャカウダ、手作りのキッシュ、ワインに漬け込んだ塩豚塊のソテー、長崎の無添加ハム、有機にんじんとキビ糖で作った中華蒸しパン、大阪の手作りキムチを使ったおつまみ、平翠軒でこじんまりと売っている特製の白かびサラミ、トシ・ヨロイヅカのシュークリーム…。さすがフードマエストロの皆さんです。

FMCS第一期生懇親会8


























≪北岡シェフも≫

スーツ姿がばっちり決まっていたプティポワンの北岡シェフもたまらずに調理開始! こんな姿が見られるのもこの学校だからこそ。

そして、この講座の隠れたサブ・コンテンツも魅力大!もちろん、これは任意の参加なので別料金ですが…

 ・乃木坂神谷の神谷料理長と築地場内見学&銀座の神谷でランチツアー
 ・飯尾醸造の棚田や蔵見学&極上のブルゴーニュワインを飲み比べるツアー

などなど。一度、仲良くなってしまえば、講座が終わってからも繋がっていられるんです。ちなみに来月、私が出張する際には受講生の方何人かと東京バルバリで小池シェフのスペシャルな料理を作ってもらうオフ会も開催予定。

世界や日本の食糧事情を勉強したり、各ジャンルの超一流シェフの料理を体験できることは、食に関して一生モノの感度センサーを手に入れることができるということ!もちろん、趣味が合う新しい友人ができることも大きな魅力のひとつ。

【ご案内】

実は、4月22日(日)または24日(火)開講予定の第二期生クラスに若干の空きがあるようです(15日現在)。もし、ご興味おありの方がいらっしゃったらぜひ問い合わせをしてみてください。飯尾醸造のブログを見て、と。春から新しいことを始めたい方、すでに料理学校には通っているけど、と言う方もぜひ。

各クラスは、

 )莉飢侏貌15〜17時クラス
 ∨莉飢侏貌19〜21時クラス
 K莉菊曜日15〜17時クラス

とライフスタイルに合わせて選択可能。どうしても都合がつかない日は他の曜日・時間への振り替えがあったり、ビデオ受講もできるそうです。悩んでいる方は一度こちらか、03-5722-7076にお問い合わせください。

【おまけ】

3月9日に発売しました「京都のお酢屋のお酢レシピ」、増刷が決定いたしました! ほんの少しですが。皆様、ありがとうございます。妹の淳子はフードマエストロの懇親会で人生初のサインをさせていただいておりました。サインというか、記名ですな、記名。

                        五代目見習い 彰浩