2007年05月24日

タイフードフェスティバルを楽しむコツ

先日の東京出張でいろいろと食べてきたのですが、やっと紹介できます。まずはGWの次の週末に行われたタイフードフェスタ。これは毎年、代々木公園で行われている大きなイベント。タイ料理屋やフルーツ、雑貨の屋台がたくさん出店します。なかにはトゥクトゥク(タイの三輪自動車)を販売しているブースも。あれって、日本の道路で走れるん?

タイフードフェスタ



















≪入り口≫

いつ来てもワクワクします。


タイフードフェスタ2



















≪パッタイの屋台≫

タイの焼きソバ、パッタイを作っています。この麺は小麦粉ではなくタイ米の粉からつくられており、茹でずに水に浸しておいた麺を鉄板の上で蒸し焼きにしています。

タイフードフェスタ3



















≪すごい人が≫

この写真を見ていただいたとおり、屋台の周りはすごい人だかり。お店によっては何十人もの行列ができています。このときは4人で集まったのですが、各自が美味そうなものを買いに走ります。

ここで、このイベントを楽しむコツがあるんです! それは、写真にも少し映っているようにトレーを持参すること。私が見た限り、このイベントにトレーを持参しているのは我がグループだけだったのですが、これはすごく重要です。お店によってはフタのない容器に入れて渡してくれるところもあります。そうすると、両手で2つしか買えない。何度も並んで買うのも面倒くさい。そんなときにトレーがあれば、4つも5つも買えちゃいます。僕らは何年も前からやってるのになかなか流行りません。すれ違う人からは、「あっ、賢い。」とか、言われるんですが。これ、おススメですよ。

タイフードフェスタ4




































タイフードフェスタ5



















≪タイ料理いろいろ≫

パッタイ(焼きソバ)の他にもソムタム(青パパイヤのサラダ)やガイヤーン(焼き鳥)、ヤムウンセン(春雨サラダ)、トムヤムモツ?(トムヤムクンみたいなモツのスープ)、カオマンガイ(鳥スープで炊いたご飯に蒸し鳥を乗せたもの)などをつまみにビア・シン(シンハー)を。カオマンガイのご飯が一番美味しかったです。

楽しむためのコツを他にもご紹介。

.螢絅奪などを使って、なるべく両手がフリーになる格好で参加する
▲肇譟爾筌屮襦璽掘璽箸鬚發辰討い
1万円札などの大きなお札は事前に両替しておく
げ饐譴砲禄唾駅側から向かう
ヌ榲てのものを買ったら、横断歩道や歩道橋を渡って、すいている原宿側に移動

原宿側は結構すいているので、シートを広げてゆったりと会話を楽しみながら食事ができます。ぜひ来年、行ってみてください。毎年、GWの翌週末の土日に開催されています。

追記:くれぐれもゴミの始末は各自で。

                       五代目見習い 彰浩



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/50382610
この記事へのコメント
初めてコメントします!

私の知り合いはトゥクトゥクをタイから取り寄せ、爆走してます。
高速も可。

タイは年数回行ってますが、次は北海道研修のあと、9月にいきます(^-^)
Posted by バルバリ近くの広告屋 at 2007年05月24日 19:12
バルバリ近くの広告屋 様

コメント、ありがとうございます。
なんと、高速道路も走れるとは、たいしたもんですね。
私も8月頃に行ければいいのですが。

いつかバルバリでお会いすることがあるかもしれませんね。
Posted by 五代目見習い at 2007年05月25日 19:48