2007年10月26日

福わうち(白金高輪)って、美味しい

福わうち



















≪外観≫

福わうちに連れて行ってもらいました。昔、近所に住んでたときから行きたかったお店、知り合いの方が常連のようで。

福わうち2



















福わうち3



















≪いくら寿司≫

ほんのひとくち分くらいの量ですが、これから運ばれてくる料理を期待させてくれるお皿。


福わうち4



















≪刺身盛り合わせ≫

よこわマグロ、アラ(クエ)、スズキ、赤ムツ、ヒラマサ、秋刀魚、コハダ。

福わうち5



















≪白子の茶碗蒸し≫

タラの白子の上にはもみじおろし、そしてポン酢をかけて。うふっ、って顔がほころんでしまいます。ご主人曰く、魚卵はポン酢との相性がバツグンだとか。

福わうち6



















≪蒸し野菜≫

別々に最適な時間、火を通した野菜を器に盛った後、塩ネギ油をかけて蒸してあるそうな。野菜の食感もしっかり残ってます。

福わうち7




















福わうち8



















≪トロカツ≫

この日は6千円のコースだったのですが、これはおそらくサービスしてくださったはず。大量のわさびVSトロの脂。そりゃ、うまいはずです。

福わうち9




















≪冷やしトマト≫

一番驚いたひと皿。シュガートマトの大きくなってしまったやつを湯剥きして、水と醤油で50分ほど煮て冷やしてあるそうな。出汁も砂糖も入っておらず、醤油とトマト由来のグルタミン酸の旨み、トマトの甘みが凝縮されています。びっくりです。

トマトの酸味の主成分はクエン酸。レモンやライムなどの柑橘と同様。酢の主成分の酢酸に比べて熱に強いため、長時間火を入れないと酸味は飛ばないのですが、酸味がなくなると甘みがぐっと増すもんです。

福わうち10



















≪肉じゃが≫

圧力鍋やろなぁ、と想像してます。この肉のほろほろ感は。

福わうち11



















≪肉じゃがカレー≫

〆には最高のご飯。

他にも2品が出てきました。ここはまた行きたい。来年、もう一回来ようっと。おいしゅうございました。

                       五代目見習い 彰浩



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/50465872
この記事へのコメント
お疲れ様でした
遅くまで引っ張りまわしてしまってすいませんでした ペコ

気に入っていただけたようで嬉しいです!
ぜひ御贔屓にして下さい。
Posted by 沙樹 at 2007年10月26日 16:07
沙樹様

楽しい夜でした。
またぜひご一緒させてくださいね。
ありがとうございました。
Posted by 五代目見習い at 2007年10月27日 00:43