2008年02月28日

京都高島屋から蔵見学に来ていただきました

今日は3名の方が来てくださいました。

地下の調味料売場で商品の選定などのオペレーションをされている方や和洋酒などを担当されている方々。普段はなかなか生産現場を見る時間がとれないとのことでしたが、今回は酒蔵、酢蔵の両方をじっくりと見ていただきました。

「酢への印象が変わった!」

という一言、すごくうれしかったです。たかが酢ですが、現場を見ていただくと違ったイメージをもっていただけるということを改めて実感しました。人が「美味しい!」と感じるのは脳ですから、商品のことを深く理解してもらうことはすごく大事やなぁ、と。

もちろん、お昼はこんぴらうどん。そして、酒蔵で麹用の米が蒸しあがるまでは天橋立の松並木を歩いたり、千歳のカフェで米作りや酢造りの歴史などの話を聞いていただきました。せっかく宮津に来られたんですから、満喫してもらいたいわけで。

宮津を楽しんでいただけたかどうかわかりませんが、私にとってはいろんな刺激をもらった、素晴らしい一日でした。ありがとうございました。

                      五代目見習い 彰浩




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/50553463