2008年04月29日

今年も万願寺唐辛子を植えました

先週、祖母と万願寺唐辛子を植えました。

万願寺の定植



















万願寺の定植2



















≪祖母≫

85歳になった母方の祖母に「夕方4時から万願寺を植えよう」と約束。4時ちょうどに車で駆けつけたところ、この状態。真っ黒のビニールマルチも支柱も全て。

昼ごはんを食べた後、自転車で畑に来て、一人黙々と作業してくれていたようで、申し訳ないやらありがたいやら。

しかも、「ブログ用に写真も撮りたいから一緒にしよう」と言ったのを気遣い、撮影用に5株だけ植えずにとっておいてくれたのでした。全く役立たずの孫でございます。

いちおう、5株だけ植えたときの様子を。


万願寺の定植3


















万願寺の定植4



















万願寺の定植5



















万願寺の定植6


























≪定植≫

移植ゴテでビニールマルチに穴を開け、土を掘ります。苗の根っこを少しほぐしてから穴に置いて土をかぶせれば出来上がり。

祖母曰く、今年は去年より株間を広くとったそうな。また、万願寺は連作障害を防ぐため、一度作ったら5年は万願寺を植えてはいけないそうな。

11月から籾殻(棚田の米を脱穀した際に出た、無農薬のもの)を撒き、3月には赤糠(酒蔵で精米したときに出た、無農薬のもの)を撒くなど、この日の定植に向けて磐石の態勢を整えてくれたのでした。

他にも…

万願寺の定植7

























≪ズッキーニ≫

2株植えました。祖母は「名前はよう聞くけど、食べたことないなぁ」というズッキーニは僕のリクエスト。ぜひ食べてもらいたいです、とはいえ、作るのは祖母ですが。

万願寺の定植8



















≪いちじく≫

一昨年、他界した祖父が植えた無花果(いちじく)。小さな実がついてるの、わかります?

万願寺の定植9



















万願寺の定植10



















≪梅の木≫

車で2、3分のところにある梅林。昨年、収穫したときにかなり枝払いしたおかげで、例年よりもたくさん、実がついている気配。草刈りをしていないので、「マムシがおるかもしれへんから、はよ帰ろう」と実のつき方を気にする祖母を制して帰って来ました。

6月中旬は青梅、7月中旬からは万願寺唐辛子、無花果は8月くらいでしょうか。楽しみです。

って、そりゃあアンタは何もせず、老人に仕事させて…、楽しみでしょうよ。とか言われそうですが。

                      五代目見習い 彰浩



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/50628607
この記事へのコメント
お疲れ様でした、お婆ちゃま!(笑)。
ブログのことまで考えてくれてる知的お婆ちゃま、素晴らしいです。

定植してから少しづつ成長する様子を見守りながら、最後の収穫・・楽しみですね!去年いただいた万願寺や無花果、本当に美味しかったです♪

私も先週末の冷たい雨の中、トマトやキュウリのためのマルチや支柱を立てたり、葉野菜を収穫してきました。農業はやっぱり甘くないわ〜、と感じました。農業の経験を通して、自然とか農家さんとかへの感謝の気持ちが高まります。アリガタイ アリガタイ。
Posted by miw at 2008年04月30日 10:59
miw様

農業、大変ですけど、楽しいですよね。
ぜひ一年間、がんばってください。

そしてお互い、おしゃれなファーマーになりましょう。
Posted by 五代目見習い at 2008年04月30日 11:19