2008年05月04日

万願寺唐辛子、10日でこんなに生長するわけで

皆様、ゴールデンウィークを満喫されてますでしょうか。

昨日はちょこっと蔵に来ただけで、あとは祖母と畑に行ってました。このブログに書いたように、4月23日に万願寺唐辛子の苗を植えました。10日後の様子を見に行ったわけです。

万願寺10日目


























≪万願寺唐辛子≫

祖母は早速、苗を支え木(とうか棒)にくくりつけてくれていました。苗が大きくなるにつれて傾かないように、ビニール紐で固定するわけ。


万願寺10日目2



















万願寺10日目3



















≪10日目≫

けっこう大きくなりました。すでにつぼみも膨らんでいます。定植の翌日にしっかりと雨が降ったこと、その後は天気がずっとよかったからでしょう。

黒いビニールマルチをひいているので、日光を吸収し、地熱を保つことができます。また、水もビニールによって蒸発しにくくなっているため、保水力もアップ。今年も期待できます。

続いて、ズッキーニ。

万願寺10日目4



















万願寺10日目5



















≪ズッキーニ≫

カボチャ科のズッキーニは万願寺とは花のつき方が違います。一箇所につぼみが密集しているの、わかりますか? いつごろ収穫できるのか楽しみです。たった2本しか植えなかったことを少し後悔。

夕方になってからは高校時代の友人とその奥さんを連れて棚田へ。途中、軽トラで帰路に着く伊藤、今井とすれ違ったり。

万願寺10日目6


































≪棚田≫

荒起こし、代掻きを終えて、田植えを2週間後に控えた田んぼ、水面が綺麗です。あとは田植えのときに晴れることを祈るのみ。

楽しみです。いや、正直、すごくしんどい作業ですが、大人数で同じことをするのって、楽しいもんです。一年に数度しか会えない方との再会も。

                      五代目見習い 彰浩



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/50632999