2009年04月22日

おそらく日本一素材フェチのバーは恵比寿にある

東京出張の際、よく泊まるのが恵比寿です。以前、近くに住んでいたため土地勘があることやフードマエストロの仕事をさせてもらっていたこと、品川駅が近いことなど、いろんな理由があります。また、馴染みのお店もいくつかあるというのも理由のひとつ。

最近は知り合いの方と食事した後、たまにBAR ODINに伺うこともあります。一人で行くことも。

たぶん、こちらほど素材にこだわるBARはないはず。季節によっては、木村秋則さんの林檎を使ったカクテルもありますし、ブラッディーマリーやブラッディーシーザーなど、通常はトマトジュースを使うカクテルも、こだわった栽培方法の完熟トマト、しかも大きさまで指定したものが使われています。

また、料理についても、このブログに書かれているように、スゴイです。

おまけにこんなのも。

BAR ODIN





























≪自家製ピクルス≫

なんと、富士酢プレミアムを使ってくださっています。銀座の高級鮨屋でも大手メーカーの安い酢を使うところが多い中、こういうお店はホンマに貴重です。

私にとってはこちらでマスターの話を聴くのも勉強。楽しく勉強させていただいてます。皆さんもぜひ一度、行ってみてください。ドリンクや料理だけじゃなく、木製のスピーカー(100kgほどあるらしい)や一枚板のカウンター(実は店に入らず、途中で切らざるを得なかったとか)など、いろんなこだわりを満喫していただけるはず。

                       五代目見習い 彰浩




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/50798206