昨日は今年初めての田植えでした。東京や横浜、浜松、名古屋に大阪、地元の方も含めて、全国から20名以上の方が参加くださいました。途中、小雨が降るなど、必ずしもいい天気ではありませんでしたが、暑くもなく、作業するにはボチボチの天候だったと思います。

09田植え体験会



























≪田植え前の棚田≫

飯尾醸造の社員はいつもの始業時間と同様、8時に棚田に集合。準備を整え、棚田に向かいます。1週間前にみんなで草刈りした田んぼ、これが数時間後にはどのようになっているか、ワクワクします。

とか言いながらも、曇の多い空が気になります。

09田植え体験会2




















≪飯尾醸造 田植えチーム≫

お揃いの富士酢Tシャツで戦闘態勢に。

09田植え体験会4





























09田植え体験会3





























≪スタート≫

9時半ごろから近所にお住まいの参加者の方々がちらほらと集まり、徐々に人数が増えてきました。

午前の部が終わり、ランチはいつもお馴染み、ペンション自給自足の自然食弁当。そして、いよいよ体験会が始まります。

09田植え体験会5



















≪ごあいさつ≫

棚田に移動したら、四代目の飯尾毅より参加者の皆様にごあいさつ。さぁ、植えて植えて植えまくりましょう。

09田植え体験会6



















≪初めての田植え?≫

今回の参加者は4回目以上のベテランを筆頭に、初めての方も10名以上いらっしゃいました。田植え用長靴を身につけて初めて田んぼに足を入れた皆さんの反応、面白いでしょ?

09田植え体験会7





























≪手順の説明≫

伊藤と私で初めての方に向けた講習会。ただ植えるのではなく、重い再生紙ロールを転がしながら、曲がりくねった棚田の形に沿って植えるのは大変。いろんなところに頭を働かせながら作業する必要があります。となりのロールとの距離や苗同士の間隔、自分たちが使う苗箱を移動させること…。一言で表現すると、車の運転と一緒。最初はいろんな標識や対向車、歩行者に信号など、気を配ることが山ほどあって大変でした。

でも、慣れてしまえば特に意識することなく、自然にできることばかり。まぁ、1日で運転がうまくならないのに比べて、田植えは数時間もすれば上達します。上達したところで体験会は終了してしまうわけですが。

09田植え体験会8




























≪体験会の様子≫

皆さんの田植え写真は残念ながらほとんどありません。なぜなら、写真係などの余裕もなく、全員が一心不乱に田植えをしていたから。なんせ、雨がいつ降ってもおかしくない天候で(実際、夕がたにかけて降った)、ちょっとでも多く苗を植えないといけなかったため。皆さんの雄姿を残せず、すいませんでした。

でも、皆さんのおかげで

09田植え体験会9





























≪体験会の成果≫

みてください。黒い田んぼがこの日の成果です。伊藤や今井の予定通り、というか予定以上に進んだようです。

そして、今日は朝から雨、雨、雨。よかった、体験会を土曜日にして。どしゃぶりの雨では再生紙を使った田植えはできません。紙の強度が低下し、破れてしまうから。やっぱり皆さんの日頃の行いのおかげですね。ホンマに感謝です。ありがとうございました。

今週は火、水曜日にブラウンライスのお二人が、金曜日は名古屋高島屋から四人が、そして土日で延べ70名ほどの方が田植え体験会に来てくださいます。今週も晴れますように。

では、週末、参加くださる皆様に業務連絡です。

 1.持ってきていただくもの

  ・汚れてもいい服装
  ・帽子とかサングラス、日焼け止め
  ・換えの靴下

 2.飯尾醸造でご用意するもの

  ・昼のお弁当、お茶
  ・休憩中のおやつ
  ・田植え用長靴
  ・富士酢手ぬぐい
  ・富士酢Tシャツ(4回以上の参加の方のみ)

 3.後日、お持ち帰りいただくもの

  ・日焼けのヒリヒリ感
  ・耐えがたい筋肉痛(特に太ももの裏側)
  ・行かなきゃよかったという後悔の気持ち

うそです。後悔ではなく、充実した気持ちを持って帰っていただけるよう、準備しておきます。楽しみにご参加ください。お待ちしております。

                      五代目見習い 彰浩