2009年08月29日

「富士酢の米」、先行予約のご案内

稲刈りまであと2週間となりました。伊藤、今井からの報告では、連日のように猪が棚田に入っているとのこと。電気柵も何箇所か壊されているようで、心配しております。

さて、そのような標高の高い棚田でできる丹後の無農薬栽培コシヒカリの味は、「これまで食べてきた、平地でできた米とはぜんぜん違う」とのうれしいお声をいただいております。

その理由として、

  1.標高400m以上の棚田は真夏の昼夜の温度差が大きい

  2.生活排水や農薬に汚染されていないため、水も空気もきれい

  3.種モミからしっかり育てた丈夫な苗だけを使う

  4.(私たち蔵人が作る米は)手植えしている

などが挙げられます。その反面、平地で農薬を使う場合に比べ、様々な苦労があり、時間や労力がかかります。

新米


≪炊き立てのご飯≫

大粒でモチモチした粘り、それでいて粒がつぶれにくいのが特徴です。

ちなみに、平地で農薬を使った場合に比べ、収穫量は半分もしくはそれ以下です。これが美味しさの裏返しなのかもしれません。

さて、今年はちょっと早めに「富士酢の米」限定販売の案内をさせていただきます。といいますのも、すでに何人ものお客様から問い合わせをいただいておりまして。長文で申し訳ありませんが、ご熟読ください。


 1.富士酢の米(3kg)
           1袋 3,000円(税込・送料別途500円)

 2.6ヶ月定期コース(限定100セット)
           3kg×6袋 19,800円(税・送料込)

 3.12ヶ月定期コース(限定50セット)
           3kg×12袋 39,600円(税・送料込)

 これらはすべて、A.玄米 B.七分搗き C.白米(九分搗き)からお選びいただけます。

 注1)送料は一箇所につき1〜3袋で500円、4袋以上は無料
 注2)他製品との混載は出来かねますのでご了承ください。

 ※天日干しした米は定期コースをご注文くださったお客様に1袋(6か月コース)または2袋(12ヶ月コース)、お送りいたします。 余剰が出た場合のみ、後日、天日干しの米を販売させていただく予定です。ご理解いただけますよう、お願い申しあげます。


≪お届け日及び時間≫

 10月中旬以降、詳細は後日ご連絡いたします。お歳暮などのご贈答も賜ります。

 注3)七分搗き、白米につきましては、精米の都合上ご希望のお日にちにお届けできない場合がございますのでご了承ください。

≪お申し込み方法≫

電話の場合(0120-64-0015または0772-25-0015)
メールの場合、こちら(web◆iio-jozo.co.jp ◆=@)宛に
必ず件名に「申し込み:富士酢の米」と記載いただくと共に、下記の項目をお知らせください。
その他、ご不明な点などございましたら、電話またはメールでお問い合わせください。

≪お申し込み締め切り≫

限定数がなくなり次第、終了とさせていただきます。


≪メールの申し込み例≫

(件名)「申し込み:富士酢の米」
お名前 :
ご住所 :
お電話番号 :
ご希望の商品記号 :
数量:
お届け希望日時 :
お支払い方法 :(クレジットカード or コンビニ郵便振込)のどちらかをご指定ください。

 注4)初めてのご注文の方はクレジットカードまたは代引き(別途300円必要)でお願い致します。
 注5)クレジットカードをご利用の方はお手数ですが、有効期限及び番号を電話にてご連絡ください。

                       五代目見習い 彰浩




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/50900277