2009年10月05日

今年も無花果(いちじく)が届きました

年に一度の楽しみ、無花果が入ってきました。

今朝、愛知の農家さんが飯尾醸造のために収穫した無花果はすぐさまトラックに積まれ、6時間ほどかけて酒蔵に。

無花果もろみの仕込み


無花果もろみの仕込み2


無花果もろみの仕込み3


≪無花果≫

今年も1トン。今年は冷夏の影響で収穫が危ぶまれましたが、なんとか送っていただきました。ありがたや。


無花果もろみの仕込み4


≪ペーストに≫

水を一滴も使わずに仕込みます。むちゃくちゃ贅沢な酢になるわけです。

他のお酢屋さんや酒屋さんの場合は外国産の濃縮果汁を水で薄めて造られますから、香りも鮮度もなにもかも、もちろん原価も作業量も違います。一生懸命に仕込みますので、美味しく召し上がってくださいね。この酢はあくまで料理用。サラダのドレッシングにどうぞ。シンプルにヴァージンオイルと塩で。

詳しい仕込みの様子は後日、アップします。

明日は大阪の飲食店グループの皆さんにお酢の使い方をご紹介してきます。その原稿がまだできてないのでこれからがんばらねば。22日の講演までに大阪、高知、東京、沖縄へ行かないといけないし、あんまり余裕ないなぁ。

                     五代目見習い 彰浩



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/50921980
この記事へのコメント
始めまして。四代目奥様の御著書を偶然書店で手に取り、興味をもちまして、購入いたしました。以来、色々なお料理を試しております。その中で、紅芋酢を使った、ジャガイモとアボガドのポテトサラダを作りたいのですが、近辺で紅芋酢が手に入らず、代わりに何を使ったらよいか、思案しております。りんご酢にすこし蜂蜜をまぜたものはどうかしら、などど考えてみますが、なにか良いアイデアがあったら御教授願えませんでしょうか。

ご本の中で、丹精こめて日夜おいしいお酢をおつくりになっている様子を拝見いたしまして、感動しました。原材料の生産者からはじまって、料理をする人々(プロのかたも、家族のためにつくっている人も)まで、それぞれの思いが詰まったお話はいいものですね。手元にまだいろいろな酢がありますので、御社の製品を購入するに至ってないのですが、近いうちにぜひ味わってみたいと思っております。

取り急ぎ用件のみにて失礼いたします。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
Posted by 一読者 at 2009年10月07日 14:03
一読者様

コメントをありがとうございます。

ポテトサラダに紅芋酢以外の酢をお使いとのことですが、
色はともかく、味については米酢等、他の酢でも代用いただけます。

ただ、他社様の酢は私どもの酢に比べて、ツーンとした酸味が強いため、
代用される際は塩や砂糖などを少し多めにお使いになることをお勧めします。

では、よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
Posted by 五代目見習い at 2009年10月07日 15:28