2009年12月04日

浅草の中華 龍圓で食べた料理に感動! 富士酢を使った料理も・・・PART2

今日は横浜に出張です。そして、週末からは羽田から沖縄の石垣島へ。遊びじゃないんです、これもれっきとした出張です。

さて、昨日の続きの龍圓さんでの食事。

龍圓3


龍圓4


≪マツタケの春巻≫

なんと贅沢な。

昔は近所のおっちゃんがマツタケをおすそ分けしてくれました。私の知る限り、家でマツタケを買ったことはないはず。そのため、大きくなってからはほとんど食べる機会がありませんでした。ありがたやありがたや。

マツタケの香りとトロリとした餡のあっさりとした味付け、美味しかった。カラッと揚がってるから軽いのよね、軽い。


龍圓5


≪紅心大根のポタージュ≫

龍圓6


≪蟹玉≫

龍圓7


≪鴨肉と野菜炒め≫

龍圓8


≪エビチリ≫

たしか、この料理に富士酢を使っていただいていたはず。

エビの味噌が溶け込んだタレ、白いご飯にかけて食べたくなりました。

龍圓9


龍圓10


≪牛ホホ肉の煮込み≫

こちらはお肉をたっぷりの富士酢でやわらかく煮込んだもの。絶品でした。

ご主人曰く、「酢豚とか酸味のきいた料理出しても面白くないから、富士酢でコクとか旨みを加えることを意識して使ってみました」と。

水の代わりに富士酢で煮込む。皆さんもぜひトライしてみてください。

龍圓11


≪2種類の蟹のチャーハン≫

上海蟹の味噌とワタリガニの身が使われています。美味いに決まってます。

龍圓12


≪杏仁豆腐≫

龍圓13


≪山椒のアイスとチョコのプリン≫

デザートに山椒。意外でしたが、なるほどと思う味。

このお店、たぶん、なかなか予約取れないと思いますが、運よく取れたならぜひ予算を伝えてシェフのお任せコースを食べてみてください。たしか、6,000円からコースがあったと思います。

化学調味料を使わず、ええ油を使って作られた料理は中華を食べた後に感じる重い感じや喉の渇きが一切ありません。これぞ、ホンマもんの中華。大好きなお店です。

                     五代目見習い 彰浩



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/50953792