2010年01月16日

奇跡のりんごの仕込み、順調のようです

今年初めて、酒蔵に行ってきました。

林檎酒の仕込みは順調


≪酒蔵≫

杜氏の藤本や伊藤、今井はすでに麹室から出て別の作業中。精米杜氏にも新年のあいさつをして、りんごの様子をうかがうことに。

林檎酒の仕込みは順調2


林檎酒の仕込みは順調3


林檎酒の仕込みは順調4


≪アルコール発酵の様子≫

奇跡のりんごのすりおろし100%。すごく贅沢です。宮津の小学校の子どもたち全員が風邪をひいたとしても、これだけのすりおろし林檎は食べきれないはず。とか、しょうもないこと考えたり。

表面は固形分ばかりですが、これはアルコール発酵中にできる炭酸ガス(二酸化炭素)の影響。液体部分はこの下にあります。また、表面は酸化するので、いくら奇跡のりんごとはいえ、変色しています。

藤本の話では、来週中には発酵が終わり、酢蔵で絞り次第、酢酸発酵へ入ります。今年は昨年のりんごよりも糖度が高かったようで、美味しいにごり林檎酢ができそうです。

ちなみに、


林檎酒の仕込みは順調5


林檎酒の仕込みは順調6


≪りんごの箱≫

これだけの数の箱が木村さんから送られてきました。改めて感謝。

今年も怪我や事故なく、酒造りを終えられますように。

                    五代目見習い 彰浩



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/50971742