寒さも昨日で終わりでしょうか、週間天気予報をみると、今日からやっと春が来たようです。

さて、酒蔵仕事が終わり、来年に向けて、タンク周りを整備してもらいました。蔵人の作業性や見学される方の安全面の両方を考えて。

工事前がこちら。

酒蔵の様子2


≪工事前≫

タンク周りの一部では、細い板が渡してあるだけでした。

見学に来ていただいた方(特に女性)の中には、足がすくんでしまって…、という人が多かったのです。

酒蔵の工事


酒蔵の工事2


≪工事後≫

このように、タンク周りを板で隙間なく覆ってもらいました。これで、来年以降のお客様には安心して発酵の様子をみてもらえます。

他に、酢蔵の屋根の修繕も。建物は100年以上前のものですので、瓦の葺き替えをしたり、酒蔵の外壁など、いろいろ直す必要があります。200年とか300年とか、うちよりもっともっと古い蔵はたくさんありますが、維持するのは大変やろなぁ。

                    五代目見習い 彰浩