2010年06月06日

自然派の中華料理と純米酒のマリアージュを楽しむならココ、東来(東舞鶴)

先日、高校の同級生5人で東舞鶴の東来(とうらい)へ。宮津からは車で30分以上かかりますが、わざわざ行く価値あり。化学調味料を使わない、自然でやさしい旨みに溢れた中華料理。しかも、こちらの純米酒の品ぞろえと燗の付け方が素晴らしい。いろんな酒蔵の蔵元が密かに「中華と純米酒を楽しむ会」を楽しんでいるとか。

東来


≪おとおし≫

ビールを頼むとついてくるメンマ。これがすごくいいんです。旨みが強過ぎず、脇役の酢が全体の味をうまくまとめています。ビールがススムススム。

東来2


≪餃子≫

もちろん手づくりです。すぐにビールはなくなり、あとは純米酒へ。この日は諏訪泉酒造のいろんな酒を。まずは夏満天の冷や。ここの中華料理には純米酒がホンマに合います。とはいえ、ただの辛口の酒ではあきません。旨みと酸もしっかりした、中華に負けない酒がセレクトされています。

では、ここから5人で食べた料理をご紹介します。


東来3


≪ユーリンチー≫

東来4


≪大エビのチリソース≫

東来5


≪シュウマイ≫

東来6


≪マーボー豆腐≫

東来7


≪地鶏胸肉の甘酢かけ≫

東来8


≪エリンギ入り野菜炒め≫

東来9


≪サワラの甘酢かけ≫

すべて2人前ずつ頼んでいます。

東来10


≪チロリと盃≫

こちらでは錫製のチロリで酒質に合わせて燗をつけてくれます。写真の酒は古酒。アミノ酸と糖が結合して熟成が進み、紹興酒のようなコクのある香りがします。一口目は甘みと酸味を感じますが、エビチリを食べた後に飲むと甘みが奥に引っ込み、味が劇的に変化します。こういうのをマリアージュっていうのね。

東来11


≪蟹チャーハン≫

東来12


≪坦々麺≫

これだけ食べて、1人3,000円強。もちろん、お酒も飲んでいます。よくある、中華を食べた後、「嗚呼、昨日は食べ過ぎた」っていうのは、化学調味料と脂のせいだったのね。そう感じさせてくれる、優しい中華。

「日本酒のこと、わからへんしなぁ」という方へ。お酒のことは奥さんに任せれば大丈夫です。ご自身の好みを伝えれば、料理との相性も含めて、おいしいのを飲ませてくれます。こんなお店が丹後にあったんか、とびっくりすること間違いなし。

                     五代目見習い 彰浩



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51046756