2010年07月06日

突然の電話に訪問、取材。ありがとうございました

今日も出勤前に畑へ。5日振りに収穫したのに、まだ2kgちょっと。そう、万願寺とうがらしのことです。来週からプレゼント始めたいけど、どうかなぁ? もうちょっと待った方がいいか、考え中です。

それはそうと、先ほど電話がありました。

「門上ですけど、今から蔵に行ってもいいですか?」と。

雑誌 あまから手帖 の編集主幹やグルメなテレビ番組でもおなじみの門上武司さん。実は2か月ほど前に、知りあいの方のご紹介で一度、蔵に来ていただいたのです。時間がなくてバタバタだったその際に、「また寄らせてもらいますわ」と仰ってました。

そして今日、その固い約束?を守るために来てくださったのでしょう。門上さん、さすが漢(オトコ)であります。

全日空(ANA)の機内誌 翼の王国 で門上さんが連載されているシリーズ「二度目の」。おそらく9月号で「二度目の丹後」として紹介していただきます。

私自身、ANAによく乗りますので、門上さんのこの記事はよく読んでいました。ウチの他にも丹後のお店や風景が紹介されます。伊丹空港から車で1時間半ほどの距離ですからね、十分、来ていただける範囲内です。

思いがけない再会にうれしくなった午後でした。

                    五代目見習い 彰浩




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51062417