今日、高校球児よりもずっとずっと長い、俺たちの夏が終わりました。

って、宮津は夏どころか秋も深まってきているのですが…。そうです、「俺たちの夏」とは、彼を追いかけた夏のこと。

万願寺の片付け


≪最後の収穫≫

毎年のことですが、4ヶ月もの間、たくさんの実をつけてくれた彼ら。片付けの前に感謝の気持ちを込めて収穫しました。

万願寺の片付け2


≪万願寺の畑≫

毎年、たくさんのお客様にお届けしている万願寺、今年は60本も。夏の間は祖母と二人で収穫していましたが、出張中はずっと祖母が一人で1時間以上もかけて収穫してくれていました。

さぁ、いよいよ片付けます。

万願寺の片付け3


万願寺の片付け4


万願寺の片付け5


≪片付け≫

まず、添え木を外し、ノコギリで1本ずつ、根本から木を切っていきます。木を取り除いたら黒いビニールを外して、根っこを掘り出す。祖母の愛子、四代目の毅、私の3人で約2時間。

万願寺の片付け6


≪片付け後の畑≫

7月から300kgもの実をつけてくれた彼らとのアツいアツい夏が終わりました。
負けたわけじゃないから、土を持って帰ることはしませんでしたが。

来年も祖母と一緒に、このグラウンドでアツい夏を迎えられますように。

                   五代目見習い 彰浩