2010年11月09日

冬のこんぴらうどんがアツい。アツ過ぎるから・・・

週末の宮津ランチは圧倒的にこんぴらうどん比率が高い。親父さんの志やクオリティーと同じくらいに。

というわけで、この冬のおすすめメニューを勝手にご紹介します。

冬のこんぴらうどん


冬のこんぴらうどん2


≪黒酢あんかけ≫

豚肉と菜っぱ(チンゲン菜とか)をゴマ油で炒めて、富士玄米黒酢をたっぷり入れて。おろし生姜と粗挽き黒胡椒でパンチを効かせたオリジナル。

えこひいきなしに美味いのに、オーダー率はいまいちだそうな。ってことは、これを頼めば玄人っぽいってことかも。私以外の人は。

冬のこんぴらうどん3


≪鳥天≫

この店の人気NO.1はおそらく、天ぷら。りっぱな海老天2本に野菜のかき揚げ。

その裏番を張れると個人的に思っているメニューがこれ、鳥天。ふだん、好んで鶏の唐揚げを食べることのない私でも、この鳥天のトリコ。こちらも、あんかけ。しかも、たっぷりの生姜。

このふたつのメニューが今、アツい。

というか、私にとってはいつもアツい、アツ過ぎる。だから、いつも、こんな風に注文してます。

  「黒酢あんかけひと玉半、ぬるめで」

このようにお願いすると、麺を温めずに丼に入れ、上からアツアツのあんかけをかけてくれるのです。

だから、箸を割るや否や、ずるずるっと躍動感溢れるノイズを奏でられるわけ。まぁ、真冬に店の前で行列を成した後であれば、アツアツをいただくはずですが。

この冬のおすすめ、最後はなんといっても鍋焼き。今年はまだ食べてないから写真はありませんが、絶品です。ただ、作るのも食べるのも圧倒的に時間がかかるので、それを踏まえた上で注文されたし。

宮津の誉れ、宮津の星、こんぴらうどんネタでした。

                     五代目見習い 彰浩





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51112963