2月1日発売の家庭画報に掲載していただきました。

家庭画報


≪表紙≫

3月号の特集のひとつに、「ちらしずしとのり巻き」というページも。ひな祭りの季節はお寿司が食べたくなります。学生のころは友人を呼んで手巻き寿司を楽しんでいたことを思い出しました。

家庭画報2


家庭画報3


家庭画報4


≪掲載記事≫

「わたくしの京都」という連載の中で、和紙作家の堀木エリ子さんが天橋立を紹介されています。全国的に京都といえば京都市内の碁盤の目をイメージされることが多い中、この宮津の文化や歴史、景観のすばらしさを伝えていただけることがすごくうれしいです。

2年ほど前に堀木さんが蔵に来てくださったことがありました。あまり時間がない中でしたが、発酵蔵をご覧いただき、試飲もしていただきました。また、天気のいい日に来ていただけることをお待ちしております。

                   五代目見習い 彰浩