2012年03月05日

福島・浪江町の酒蔵復活、雑誌 クロワッサンをご覧ください

まもなく1年が経とうとしています。

大学の研究室の後輩、鈴木君の蔵は、「日本一、海に近い酒蔵」として知られていたそうです。そんな蔵が津波で流されたにもかかわらず、山形の酒蔵でみごとに復活しました。

その様子が、雑誌 クロワッサンで紹介されています。

クロワッサン


≪表紙≫

クロワッサン2


クロワッサン3


≪掲載記事≫

記事によると、蔵から単離した酵母が研究機関から見つかったとのこと。ぜひ、これからもいいお酒を造ってもらいたいです。実は、鈴木酒造店が山形に移動して復活するという情報は、研究室の後輩から入ってきました。

「鈴木君の蔵で使うホーローのタンク、他にも酒造りの道具を譲ってくれる先はありませんか」

という呼びかけで、先輩や同期のみんなで日本中のツテを探したのでした。その結果、いくつかの蔵からタンクが届いたと聞いています。同様に、うちの蔵には木桶がありましたから、それを送りました。

クロワッサン4


≪木桶≫

これからも、鈴木酒造店のご活躍と新しい酒の誕生を応援したいと思います。

がんばれっ。

             五代目見習い 彰浩





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51334929