去年に続き、今年も3mを越える大雪に見舞われた世屋地区。
田植の日から逆算すると、そろそろ準備にかからないと。

先週末は、学生と共に育苗ハウスを建てる予定でしたが、各地の
大雪の影響で、資材の供給が間に合わず、潰れた旧ハウスの
撤去作業に追われました。

とは言え、もう待てませんので、雪が残る中、いよいよ本日から今
年の米作りがスタートします。

1枚目

上世屋の棚田
標高350m、日陰部分以外の雪は解けています。


2枚目

松尾の棚田
標高400〜450m、左に見える一本桜の蕾も赤みを帯びて、膨ら
んできています。ちなみに京都市内は今、満開を迎えているようです。


3枚目

松尾の棚田の最上段付近
標高500m、まだ80cm程雪が積もっています。
2枚目の写真から、ほんの少しの距離ですが、ここまで違います。

雪が多いと、作業も倍で大変ではありますが、この雪があるから
こそ、稲に不可欠な水が夏でも絶えないのも、また事実。
と、考えて前向きに取り組みます。

                               蔵人 秋山