田植えを終えて半月が経ちました。先日の台風通過時は、さすがに雨風がキツかったものの 畦の崩れ、水路の決壊、紙マルチの捲れなどの被害もなく ひと安心です。

過去、6月に台風が上陸した年は その後の台風上陸回数が多いこと。それと梅雨 明けが早いというデータが出てるようですが 今年はどうでしょうか? 気になるところです。

田植え後の棚田


≪水鏡?≫

水を張った田んぼは、周りの景色が映し出されて とても綺麗です。

紙マルチを敷いてるせいか・・・見方によれば形の悪いソーラーパネルにも。

防柵1


防柵2


≪防柵設置≫

田植え後は すぐさま 獣害防止柵の取り付けを。集落、田畑を囲うため村人総出の共同作業となります。とにかく距離が長〜いのです。

防柵3


防柵4


ワイヤーメッシュという溶接した金網で囲い、手前に電気柵を設置。 
・・・これで入ったら し〜らない(猪)!!って感じの二重バリアです。

いつも取り付け中に思うことですが、「もう既に入ってたらどーよ?」 草の茂みに隠れてることだってあり得ます。

ま〜、悪いようには考えないでおきましょう。

防柵5


防柵6


設置が完了すれば、各担当箇所が言い渡されます。

ワイヤーメッシュが倒されてないか? 伸びた草が電気柵に付いてないか?(漏電)など、指定された箇所は収穫が終わるまで責任を持って管理することに・・・。


お守りに、ホームセキュリティのステッカーでも貼っておこうかな?


                              米作り担当 伊藤