2012年07月05日

丹後の夏の薫り。今年は、(大人の?)万願寺とうがらしプレゼント

89歳の祖母、愛子が交通事故に遭ったのが昨年の8月。あれから約1年、早いものです。

たくさんのお客様から励ましのお手紙やメールをいただいたお陰で、「来年も畑仕事せなあかん」と思ったのか、元気に回復しました。お医者様からは「奇跡ですよ」との言葉をいただいたようです。

4月から一緒に畑仕事をしてきましたが、今年も無事に収穫を迎えることができました。祖母は自転車には乗れなくなってしまったので、徒歩で15分ほどかけて、今日も畑に行っていました。偶然、同じタイミングだったため、一緒に収穫したのでした。

万願寺2


≪万願寺とうがらし≫

というわけで、今年もお世話になっている皆様にプレゼントしたいと思います。ただ、今年はちょっと当たり(辛いもの)が入っているのです。こればっかりは召し上がっていただかないとわかりませんこと、ご理解ください。

応募に関しては、下記をじっくりお読みください。ご注文をいただいた際にのみ、応募とさせていただきます。


応募方法

≪必ずお読みください≫

 お酢または食べる富士酢をご注文ください。
 抽選で商品と一緒にお送りいたします。


 このブログにコメントいただいても、応募していただいたことにはなりませんので、ご注意ください。

≪応募方法≫

 ホームページから注文の場合・・・通信欄に「万願寺プレゼント応募」と記載

 電話注文の場合・・・「万願寺プレゼント応募」と仰ってください。

 FAX注文の場合・・・「万願寺プレゼント応募」と記載

≪プレゼント期間≫

 2012年7月10日の週〜10月ごろ(予定)
 台風や獣害などによって変更せざるを得ない場合があります

≪当たる確率がぐっと上がる応募方法≫

 ・ホームページやブログをちょくちょくご覧ください
   (収穫日の予定や応募の多寡を掲載します)

 ・ホームページから注文の際、富士酢の感想など、書いていただけますでしょうか
  (許可をいただいた上で、「お客様の声」として弊社サイト等で使わせていただく場合があります。)

 ・商品の到着日の指定をせずに、「いつでもいいから万願寺を」と
  (有効期間は1週間です。もちろんハズれることも)

 ・他のお客さんが応募しなさそうなタイミングで応募する
   (メルマガ発信直後は応募が殺到する場合も)
   10月までプレゼント期間があるので、うまく駆け引きをしてください

 ・電話、FAXも同様です

≪注意事項≫

 1.必ず当たるわけではありません。あくまで抽選です

 2.商品をお届けする場所にしかお送りできません

 3.一度ハズれても10月まで何度でも応募いただけます

 4.一度当たっても10月まで何度でも応募いただけます

 5.たくさんの応募があるときは、少量しかお分けできないこともあります。

 6.島オクラなど、他の野菜が入っていることもあります


今年も皆さまにたくさん召し上がっていただけるよう、親子孫三代で収穫に励みます。特に祖母は、「事故のときにたくさんの励ましをいただいたお礼に」とやる気満々。たくさんのご応募をお待ちしております。

         五代目 彰浩




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51363894
この記事へのコメント
2週間ほど前京都から、着物屋さんの伊坂さんと伺った木津です。当日から飲みましたら、便の調子がとてもよくなる状態、友人は飲むとかっとあたたかくなり血液の流れがよくなるみたい。あらわれ方は違ってもかなり、それぞれになんかいい予感がして毎日、会うと「酢・・」と酢を飲まないと安心できない二人です。
トウガラシやほかの野菜送ってくだされば、また体の中から純粋にきれいになる予感、とうがらし当たると嬉しい私です。よろしくお願いします。
Posted by 木津芙美子 at 2012年07月06日 01:38
 私のお気に入りは「ピクルス酢」です。最近は、ダイズ・青豆・黒豆を蒸します。切干大根を水で戻します。それらをピクルス酢に漬けます。その中にミニトマトを入れると2,3日後トマトの皮もむけトマトにもピクルス酢がしみこみ美味しいです。1週間分を作り保存食として朝食に食べてます。ピクルス酢の大瓶があるとうれしいです。ぜひ、大瓶を作ってくださーい。
Posted by 藤田 眞奈美 at 2012年07月12日 01:42
万願寺唐辛子当たりました!
いつも本当にありがとうございますm(__)m
なすとおくらまで一緒に入れていただきました)^o^(
有難くいただきたいと思います。
早速大好きな富士酢を入れて、炊いたん作りますね。

これから暑い日が続きますので皆様お体ご自愛くださいませ。

Posted by 大橋 妃美 at 2012年07月22日 15:21