2012年08月21日

今回もお手伝いいただけますか、稲刈り体験会2012。そして、稲刈りファッションショーも同時開催します

毎年のことですが、暑さが和らぎません。

今年は梅雨の時期が短かったこともあり、水不足に悩まされています。棚田は伊藤に任せているのですが、万願寺とうがらしの畑はひどい水不足。まさにカラッカラ状態。そのため、酒蔵から畑まで20分かけて、井戸水を3トンも運んでいます。

さて、そんな天候の中ですが、稲刈りの日程を決めました。出穂から40日程度が目安とされるため、9月22日(土)23日(日)に開催いたします。

稲刈り体験会2011


2011稲刈り体験会5


IMG_1434


≪稲刈り体験会の様子≫

このように、刈って縛って運んで天日に干します。

体験会の詳細は下記をご覧ください。
日程:9月22日(土) 9:00〜16:00
   9月23日(日) 9:00〜16:00

  2日連続参加も大歓迎です

集合:上記の開始時間に現地にお運びください
   遠方よりお越しの方は、時間によっては、宮津駅等の送迎もできます

解散:現地または宮津駅

場所:京都府宮津市上世屋の棚田

内容 午前・午後とも稲刈と稲木干し作業体験
   途中、12時頃から昼食(地場の食材で作ったお弁当)

参加費:無料
     美味しいお弁当と飲み物は弊社で準備いたします。
     集合場所までの交通費や宿泊費は各自でご負担願います。

参加特典:収穫したお米を特別価格にてお求めいただけます。なお、お送りするお米には、当日収穫した以外の米も含まれますのでご了承ください。(弊社の耕作する上世屋の棚田の範囲内です。)
     玄米・白米共通で3kg=2,100円(税・送料込)2袋まで

持ち物:着替え、タオル、長靴、軍手
   (長靴や軍手はこちらでお貸しすることもできますが、お持ちの方は持参ください)

応募条件弊社のお客様台帳に記載されている方と、そのご関係者(ご家族やご友人など)で、小学生以上の方

定員:各日20人(応募者が定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。)

締切:9月3日(月)

参加者への通知:9月4日(火)

申込:メール web◆iio-jozo.co.jp (◆=@)
   FAX 0772-25-1414
   電 話 0772-25-0015

メールにてお申し込みいただく場合は下記の事項をご記入ください。

  タイトル:稲刈体験会の申込

  お名前:

  ご住所:

  お電話番号:(携帯が望ましい)

  人数:

  同行者のお名前と性別:

  (必要な方のみ):長靴のサイズ

  参加日:9月22日(土)
      9月23日(日)
      両日

また、ご不明な点がございましたら遠慮なくお問合せください。

その他:前泊、後泊を希望される方は、お申し込みの際にお伝えください。周辺のホテルをご案内いたします。
    天候などにより稲刈作業体験が困難な場合は3日前までに中止の連絡をさせていただきます。
お酢のご購入を希望される方は、後日発送させていただきます。その場合、蔵の店でご購入いただくのと同じ1割引き価格でご提供いたします。当日は、棚田から蔵・店まで遠いこと、また、弊社社員も稲刈りを行うため、蔵・店は休業とさせていただいております。ご理解いただきたくお願いいたします。

それから、今年は初めて、こんなイベントを同時開催いたします。

それは、稲刈りファッションショー

皆様の稲刈りルックに対して、厳正なる審査の上、入賞者には富士酢製品他、賞品を用意いたします。ファッションショーに関する詳細事項は追って、連絡いたします。

                    五代目 彰浩




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51374180
この記事へのコメント
飯尾のみなさま

四月の田植えに子連れで参加させて頂いた稲澤家族です。その際には本当に賑やかで楽しい体験を有難うございました。改めまして御礼申し上げます。

さて、田植えのお誘い有難うございます。是非参加させて頂きます。

確かに今年は厳しい気候でした。我々は花背と周山で農園を借り、野菜作りをしておりますが、今年はかなり難易度が高く、なんと!何もしなくても育つとも言われる さつまいも 全滅でした↓

なので、山の棚田での稲のお世話、
野菜栽培では大変な御苦労をされたとお察しします。

手塩にかけてお育て頂いた稲を心して刈り取りさせて頂きます。そう、ファッションもピシッと? 宜しくお願い致します。
Posted by 稲澤家族 at 2012年08月28日 08:06