2012年10月11日

お酢や母のつくる「万願寺の炊いたん」を試食できる唯一のイベント、って書くと大げさでしょうか。大学の恩師と二人でお酢イベントをします

10月26日(金)二子玉川にある玉川高島屋の屋上、玉川テラスでお酢のイベントをします。東京農業大学の小泉幸道教授と一緒に。玉川高島屋では、「まるごと東京農大」という物産展が行われるので、その会期中です。

玉川テラスイベント


≪イベントのページ≫

詳細はこちらをご覧いただきたいのですが、まずは小泉先生がお酢についての話を。その人柄からも、学生から人気の高い先生ですので、どんな話をされるのか、私自身も楽しみです。

続いて、お酢や母娘のお酢レシピから4品を少しずつ召し上がっていただきながら、私が料理への使い方について説明いたします。

4品のうち、2品は料理家の先生にレシピどおりにつくってもらうのですが、万願寺の炊いたんは母、さとみが作ったものをお持ちします。

万願寺の炊いたん


≪万願寺とうがらしの炊いたん≫

万願寺プレゼントに当選されたお客様にはいつもレシピを同梱しますので、作られた方も多いと思います。ほんのひと口ずつではありますが、オリジナルを召し上がっていただければ。ちなみに、こんな風に作ります。

実は10月24日(水)から7日間、日本橋高島屋で味百選に出店します。飯尾家4人で売場に立ちますが、26日(金)のみ、私は玉川高島屋でお待ちしております。

尚、24日(水)〜30日(火)の「まるごと東京農大」の売場では常時、飯尾醸造のお酢(食べる富士酢を除く)を販売いたします。農大の学生達が私の代わりに接客します。日本橋高島屋と合わせて、よろしくお願いいたします。

        五代目 彰浩





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51385110