2012年12月26日

東京近郊にお住まいの皆様にぜひ聴いていただきたい講演、「食卓の向こう側」のご案内

「食卓の向こう側」という言葉にピンときた方もいらっしゃるのでは?

食について、日本の新聞社でもっとも真摯に向き合い、連載されているのが西日本新聞の「食卓の向こう側」。少なくとも飯尾醸造ではそう考えています。

この連載では、昔と違って、どこの誰がどんな風に作った原料で、どんな場所でどのように作られているかがわかりにくい今、その向こう側が正確に冷静に書かれています。

特に小さいお子さんやアレルギーをお持ちの方、食のことをもっと知りたいという方にぜひ聴いていただきたい。

その編集者である佐藤弘さんが、1月23日の18:30から、東京・秋葉原で講演されます。私も昨日、申し込みました。

プロ勉


≪プロのための勉強会 概要≫

この講演は貝印が運営するKai Houseが主催されているプロのための勉強会のうちのひとつ。去年、私も話をさせていただいたのですが、元々は料理研究家や食のジャーナリスト、またそれらを目指す人向け、つまりプロ向けのもの。

ただ、佐藤弘さんの講演はどなたでも参加できるのです。こちらから会員登録をして、お申し込みください。

プロ勉2


≪食卓の向こう側≫

飯尾醸造では毎週金曜日、朝礼をしています。

共有事項の連絡などが終わった後、当番制で音読するのですが、その教材として、「食卓の向こう側」を使っていました。今は福岡伸一さんの「生命と食」を読んでいます。

すばらしい本ですので、講演に行けないという方はぜひ西日本新聞のページから購入ください。こちらです。シリーズ全体で97万部も売れているようです。

当日、講演を聴きに行かれる方はぜひお声掛けください。

         五代目 彰浩





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51401165
この記事へのコメント
稲澤家族です。
家族一同、美食と食の安全に関心がある我が家にとって、貴重な情報です。
早速アクセスしてみます。

今年は初めて田植えに参加させて頂き、自然の中で大変素晴らしい体験をさせて頂きました。子にとっても(連れて行った犬にとっても?)貴重な体験でした。有難う御座いました!また ブログでのこだわりの逸品のご紹介も 大変有益でした。

明年も食に関わるイベント、情報発信を楽しみにしております。
Posted by 稲澤家族 at 2012年12月27日 19:01
稲澤家族様

こちらこそ、ありがとうございました。
食卓の向こう側、ぜひお読みください。
Posted by 飯尾 at 2012年12月28日 09:21