2013年03月11日

『専門料理』3月号、「日本の伝統食品」に飯尾醸造の純米酢造りが紹介されました

現在発売中の『専門料理』3月号が届きました。

料理人向けの専門誌で、昔ながらの本来の製法で作る酢として飯尾醸造の純米酢(純米富士酢)を紹介していただいています。

巻頭特集が「世代別 フランス料理の技術論」というのもさすが。フレンチレストランで出てくる本格的な料理の作り方が詳細に解説されていました。料理人の方はこんな本で勉強されているのですね。

表紙_650px


<<『専門料理』3月号 表紙>>

戦後30年余、「氷酢酸を水で薄めて添加物で味付けした合成酢」が食酢として使われていたことにも触れられており、飯尾醸造の無農薬米の生産から始める純米酢との違いを丁寧に説明していただいています。
このようにご紹介いただきました。

記事1


<<『専門料理』3月号 p.11>> ※クリックで拡大します

記事2


<<『専門料理』3月号 p.109>> ※クリックで拡大します

記事3


<<『専門料理』3月号 p.110>> ※クリックで拡大します

記事4


<<『専門料理』3月号 p.111>> ※クリックで拡大します

冒頭の合成酢、「店頭からは姿を消したが業務用は今も生き残っている」とありますが、店頭販売されていないために業務用以外でも「幻」の呼び名がついて高値で取引されているケースもあるようです。
(合成酢は材料を混ぜれば出来上がり。発酵食品ではありません。)

たかがお酢、されどお酢一筋。

「昔ながらの造り」の一言では言い表せない工程の数々を経てお店に並んでいます。
違いの分かる消費者の皆様に支えていただけてこそのお酢造りです。

そんな感想を持った記事でした。





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51415035
この記事へのコメント
稲澤家族です。
とても丁寧で深い 慈しみを感じる文章に、写真も印象的で、じっくり拝読しました。いいですね〜。家族みんなで読みます。
昨年の田植えの時に大量ゲットして帰ったお酢。こんな風に手間暇掛けてつくられたのですね。一年間使わせて頂き、ちょうど もう少しで無くなるところ。早くまたあの場所に行きたいね、と家族みんなで話をしています。
Posted by 稲澤家族 at 2013年03月14日 19:17