2013年08月24日

ただいま稲の登熟期です

8月頭から猛暑続きの日々、昨日ようやく一雨ありました。
今年は記録的な暑さ!ですが、降る時は警報が出るほどの雷+大雨で天候も極端です。

しかし、昔から「雷が多い年は豊作」って言われてるようで。
理由は、雷の高圧な電流と高熱によって大気中の窒素と酸素がくっつき二酸化窒素が出来ます。
稲にとって窒素は大事な栄養分。それが雨に溶けて地上(田んぼ)に降り注ぐから・・・らしい。
現代のように簡単に肥料が確保できなかった頃は、雷「神鳴り」 は稲の豊作を もたらす神の声だったようです。

ん?・・・の下にんぼと書いて雷。
漢字を考えた人は それをわかってたのかな〜? 誰だ?

ピカッと光る閃光は! 相性がえーって事か?  ホンマか〜それっ?

五百万石1


五百万石2


≪五百万石の圃場≫

コシヒカリ1


コシヒカリ2


≪コシヒカリの圃場≫


稲穂もすっかりと出揃い だいぶ頭が垂れて来ました。

今年はこの暑さで、例年に比べて稲刈りが少し早まりそうです。上世屋を下った平坦地では既に終えたところも見られます。出穂後の積算温度で考えると当然です。

こちらは来月中旬ってとこ。
毎年のことながら、周りが刈り始めると焦りが・・・。

猪被害1


猪被害2


≪猪被害≫

昨日ついに今年の被害第1号が発生!
うちの田んぼではないのですが、これは宣戦布告を意味するもの。
次はどこか? 毎朝 気が気じゃない!
周りの田んぼが刈り取られて行くと 奴らの狙いは絞られてきます・・・当然 被害の確率は高くなるわけで。

結束


踏み倒された箇所は、放っておくと穂発芽するため可能な限り藁で結束し立たせてやります。
ただ、一度踏まれると獣臭が残るんですよねぇ〜これが。

捕獲


≪捕獲≫

今年は20頭近くが捕獲されております。中には100キロ級も。
1、2月の積雪が例年になく少なかったため越冬数も多いかと思われます。防柵の周りにもウロついた足跡が多数。山には まだまだ わんさかと生息してるのに違いありません。

最近は集落内にも怖がることなく侵入し畑物を食い散らしております・・・ホンマに少し雷でも落としてやらないといけませんね!
でも、夏バテ親父の雷では効果薄でしょうけど。


                               米作り担当 伊藤




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51451277
この記事へのコメント
とうとう、出没したんですね・・・。
最近なぜか、こちらでは出没してません。あれだけ頻繁に、明るいうちにも降りてきていたのに。
その静けさが怖いこの頃です。
Posted by 星野隆護 at 2013年08月26日 12:54
ご無沙汰しております。皆様お元気でしょうか?100kg級ですか!!! 小生も、家内実家の四国で、運転中に目の前を横切ったデカイヤツを忘れられず・・。くれぐれもお気を付けくださいませ。。。小生、いのしし年です・・。
Posted by BLIND GUADIAN at 2013年09月05日 19:07