趣味は?と聞かれると、「美味しいものを食べること」と答えるぐらい、食べることが好き。そのためにいろんなところに出かけて、その土地のモノを食べます。その意味において、旅行も趣味といえば趣味ですが、食べるための手段なのかもしれません。

世界中のいろんなものを食べつくしたいと思う反面、結局いちばん好きなのは和食。基本的に宮津ではご飯とみそ汁、それにちょっとしたおかずがあれば満足。出張のときのように外食が続くことが多いため、宮津にいるときはなるべく粗食にしています。

こちらでも書いているように、病気にならないためのやり方を実践していることもあって、、朝食はほとんどの場合、グリーンスムージーとか胃に負担のかからない果物を少し食べる程度。ただし、ちょっとお腹にためとかんと昼までもたへんなぁというとき、例えば、田植えとか稲刈りのときはこのグラノーラ。つくってるのは東京・中野区にあるパン屋、ブーランジェリー ルボワ

DSC_7780


DSC_7788


≪グラノーラ 280g 780円≫

グラノーラとはシリアルの一種。燕麦、麦、玄米、とうもろこしなどを蜂蜜や黒砂糖、植物油と 混ぜてオーブンで焼き、ドライフルーツ、ココナッツ、ナッツなどをミックスして作った 食べ物のこと。

炭水化物はもちろん、食物繊維やナッツの油脂、ビタミンやミネラルなどもとれるので栄養的にもOK。

ルボワを知ったのは3、4年ほど前。天然酵母を起こしてつくる本格派であり自然派。まずはこういうのに弱いわけで。パリで修業したというご主人のつくるパンはもちろん、いまではご夫婦の人柄にも魅かれています。

私自身、バゲットのようなハード系のパンよりもクロワッサンとかブリオッシュとか、バターのたっぷり入ったサクッとした軽い食感や甘いデニッシュ系とか、しっとりしたパンの方が好き。以前、限定販売されたバターたっぷりのブリオッシュ食パンの美味しさにノックアウトされたこともありました。出張中に母、さとみにそのほとんどを食べられてケンカになった苦い思い出・・・。

それ以来、ちょくちょくお取り寄せしたり、お店(東京・中野区)にも伺いました。できる限り、現場を見たいという思いがあるので。その後、調べてみるとこちらこちらのように紹介されている。

DSC_7802


≪グラノーラ≫

そのまま食べたり、アイスにかけても美味しいそうですが、私はもっぱら牛乳をかけて食べる派。

メイプルシロップが牛乳に溶けて甘くなったのが好みです。いろんな食感とクランベリーの甘み、メイプルの香り。パンは冷凍しないといけないのですが、グラノーラは賞味期限が長いのも、田舎に住んでいる身としてはありがたい。まとめ買いすれば、送料の負担も軽いわけで。

東京にお住まいの方はぜひ一度、お店に足を運ばれることをお勧めします。買ったパンを店の前にある2人掛けのベンチに座って食べる、ってのは最高です。

 ルボワのオンライショップはこちら

      五代目 彰浩