水がほしい時にはピーカン、干したい時にはジャジャ降り。
少しばかり台風の影響もあり間の悪い天気周りです。しかし、そろそろ梅雨明けかな?

田植えから1ヶ月半が経ち紙マルチも分解されてきました。
今週からぼちぼち田んぼに入り除草作業です。週末には京大の学生さん達が雑草研究とやらで応援に駆けつけてくれます。
近い将来に農薬を使わない画期的な抑草法を開発してくれるはず?

圃場視察1


圃場視察2


圃場視察3


≪圃場巡回≫

先日、お隣 京丹後市へ有機栽培田の勉強会に行って来ました。
生物多様性を育む農業〜農業の持つ物質循環機能を活かし、環境への負荷をできる限り低減して、多様な生物を育み、消費者の求めるより安全安心な農産物を生産する農業。

う〜ん、読むだけでも生産者にはハードルが高い。

でも皆さん上手に作ってるな〜っ
やはりベテラン農家さんが多く、卓越した経験と豊富な知識・・・さすが。
それと何よりも行政や関係機関のバックアップが強み。うまく舵取りされてます。

解らない事だらけなので いつものように質問攻め。
同じものを作るにも場所や人によって千差万別。
農法うんぬんより各生産者の想いや考えを知りたい・・・お陰さまで また勉強になりました。

圃場視察4


≪契約栽培田≫

視察のネタを持ち帰りホームグラウンドで契約農家さん達と井戸端会議。
山間地特有の害虫密度や除草問題、環境の違いで学んだ事をそのまま実践するのは至難の業。
いつもながら考えれば考えるほど愚痴っぽくなってきます・・・土地貧乏って言えばそれまでですが。

平坦地と比べれば課題は山積み。
ただ、この素晴らしい景観を維持するには米作りは必要不可欠です。
卑屈にならず前向きに! 出来れば楽しく!
頑張ろう!無尽蔵のスタミナを武器に?  


                               米作り担当 伊藤