梅雨が明けてから厳しい暑さが続いております。
しかしこの夏の日差しが稲達にとっては恵み。これからしっかりとデンプンを蓄えてくれるはず。

先月半ばは怒涛の除草ラッシュ!田んぼの中をキレイにお掃除しました。

除草1


除草2


≪除草≫

避けて通れない道なのか?! 一連の作業で一番過酷とも言える除草。
1週間程度続いたこの作業には京大生達も助っ人に駆けつけてくれました・・・1人は辛い。

無数の敵軍に挑む4人の勇者!! 契約農家さんの圃場を中心に頑張ってもらいました。

無除草


ちなみに無除草の田んぼはこんな状態。 土壌表面を覆い尽くし栄養分は横取りされ地温も上がらず完全に負けております。
こうなる前に処理しないと。

草刈り


≪草刈り≫

除草が終われば また ぼちぼち草刈り開始です。
草刈りも田んぼだけではありません。水路、防柵周りの他に稲作関係者共同の敷地なども。
田んぼ同様 草との戦い!こうなれば見るもの全てが緑一色って感じです。

五百万石出穂1


五百万石出穂2


≪田植えイベント1週目の田んぼ≫

コシヒカリ出穂1


コシヒカリ出穂2


≪田植えイベント2週目の田んぼ≫

1週目は五百万石(酒米)で早稲の品種。先週末から稲穂が出てきました。
2週目はコシヒカリで、昨日 走り穂を確認! 2品種とも私の腰当たりまでの草丈に。

この出穂までにソコソコの稲姿にしてやればしめたもの。
あとは山間地特有の昼夜の温度差が良き実りへと後押ししてくれます。

来月中旬の稲刈りまで まだまだ暑い日は続きます。それまで稲と自分の水管理はしっかりと。


                            米作り担当 伊藤