2014年11月20日

日本醸造協会誌に掲載されました

先日、日本醸造協会から連絡をいただき、巻頭随想を書かせていただきました。

醸造関係者にとっていちばん身近な月刊誌かもしれません。

日本醸造協会誌201411巻頭随想


≪表紙≫

毎月、醸造はもちろんバイオに関する基礎研究から発酵食品を科学的に分析・考察した論文、新技術をつかった新製品の開発など、多岐にわたる研究論文が報告されている。

日本醸造協会誌201411巻頭随想2


≪掲載記事≫

過去3回、日本醸造協会主催の醸造セミナーで話をさせていただいた経緯から、「酢を造るといふ仕事」というテーマで1ページ書くようご指示いただいた。どちらかというと醸造協会誌の本線からはズレた内容です。醸造より農業や歴史のことばっかり。ただ、「醸は農なり」という言葉のとおり、醸造業は地域の農業とともに発展してきたことも事実。

こんな変わったお酢屋があることを全国醸造関係者や研究者のみなさんに知っていただける機会をいただいたことに感謝。

       五代目 彰浩





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51558014