2016年07月15日

不快指数MAX!連日の除草作業です

7月も半ばに入り そろそろ梅雨も明けてほしい頃。
この蒸し暑さの中、世屋の棚田でも草との格闘が始まり 腰を屈めた作業に四苦八苦。

物理的な抑草効果がある紙マルチ。そんなハンデにも負けず、次々と顔を出し始めた雑草達・・・このタフさには敵ながらあっぱれです。
米作りも数年続けていれば 「上農は草を見ずして・・・」 昔のことわざの意味が少しずつわかってくる。

契約栽培田


≪契約栽培田≫

原料米を作っている松尾の棚田もソコソコの稲姿になってきました。
ただ、虫による食害や獣害対策、棚田全体に生い茂る草の問題、夏場の水不足など懸念事項は尽きません。


秋には なんとか良き実りを迎えたいところですが。


松尾棚田草刈り1


≪棚田周辺の草刈り≫

そんな中、先週に引き続き今週も草刈りウィーク!田の除草もほどほどにし、意気揚々と参戦してきました。

今回のミッションは約4ヘクタール!1万2千坪?具体的な広さは述べません。比較対象そのものがピンとこない・・・。

とにかく刈って!

松尾棚田草刈り3


刈って!刈って!

松尾棚田草刈り4


刈りまくる!!

松尾棚田草刈り5


松尾棚田草刈り6


≪草刈りの様子≫

草刈り好きには申し分ない場所。中には水張り面積より広い法面も多々あり ボリューム満点です。
とにかく急傾斜地が多く、ここの草刈り難易度はかなりの高レベル。

正直 「お金もらっても嫌だ!」って人も多く、その言葉の意味が作業経過とともにわかってきます。
先が見えぬ進捗状況に ため息ばかり。

松尾棚田草刈り7


梅雨の晴れ間、一心不乱に草を刈り倒し 疲労度もMAX状態。
疲れもピークを過ぎると脳内のリミッターが解除されたのか?笑えてきます・・・あぶない、あぶない。


しかし、なんとか昨日 予定面積をケガもなく無事に終える事が出来ました。
枯れ果てた身体へ水分チャージ!五臓六腑に浸みわたる〜。

参加した皆さん本当にお疲れ様でした。


                                 米作り担当 伊藤




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51633294