草、草、草、田んぼを這いずり回る除草はまさにイタチごっこです。無数の種子とタフな生命力を持つ 敵軍との終わりなき戦い。

出穂までにキリをつけるべく孤軍奮闘し 昨日がようやく終戦記念日に。 戦場から帰還いたしました! 今年も手強かった…やれやれです。

生育調査1


生育調査2


生育調査4


生育調査5


≪生育調査≫

毎年7月に入ると各棚田を巡回し、指定圃場の確認と生育状況を見ます。先日も耕作者や関係機関の方達と2回目の巡回を実施しました。

ここでは、栽培環境や田んぼの体質で異なる問題点、それらの原因や課題認識が目的。ビジネスパートナーとしてお互いしっかり共有したいとこです。

生育調査6


《幼穂の確認》

また、草丈や茎数、葉色など この時期に適した稲姿かを調べます。いわば稲の健康診断。
株から1本引っこ抜き、茎の中にある幼穂の長さを測り出穂を予測。
ここの稲の幼穂は約1僉 あと2週間ちょいってとこです。楽しみ。楽しみ。


さ〜、梅雨も明け これから本番。
出穂、登熟期と品質を左右する大事な時期。


今年は厳しい暑さと耳にします。田んぼ同様、自身への水管理も怠らず この夏を乗り切りたいものです。


                                 米作り担当 伊藤