2016年10月11日

うまくラベルを剥がせない富士酢ボトルについて

2年半前に瓶詰め蔵を新設しました。その際にラベルをシールタイプに変更したのですが、何人かのお客様から「ラベルを剥がせない」というお叱りのメールやお電話をいただきました。

他のメーカーはどのように対応しているのかとラベルメーカーに聞いても、ほとんどの会社は飯尾醸造と同等のものを使っているとのこと。とはいえ飯尾醸造としてはなんとかせねばとラベルメーカーと試行錯誤すること数ヶ月、ラベルの紙質、糊の種類も変更しました。しかし、抜本的な解決には至らず、四苦八苦。

しかし、やっと答えが出たのです。行政や公益財団法人日本容器包装リサイクル協会に問い合わせた結果、

ガラスびんの紙ラベルは、無理にはがす必要はありません

とのこと。

ごみ出し


≪ごみ出しの3つのポイント≫

こちらに詳しく紹介されています。

ガラスビンがリサイクルされる工程についてはこちら

ガラスビンにおいては全国一律だとか。日本容器包装リサイクル協会が認定した民間の業者によって上記の工程でリサイクルされるようです。ご理解いただけますようお願いいたします。但し、ゴミの分別方法は自治体によって変わる場合もあります。その点ご了承ください。

ちなみに過去にブログで紹介しましたフタの外し方こちらをご覧ください。

      五代目 彰浩





この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/iiokome/51639978