日々の挨拶『暑いな〜』
今年はこの決まり文句にも重みがあります。
『あっついな〜!!』
例年に比べ梅雨明けも早く本当に異常ですね。
最近は体温を超える気温も珍しくありません。昼間の外仕事は自殺行為…除草や草刈りなど腰を据えて行う作業は早朝と夕方の短時間がベストです。
とはいえ、この暑さに慣れてきている自分が怖い。

先日のテレビとかラジオで『この猛暑で熱中症患者の救急搬送が増え続けています!命を守る行動を!日中の外出は極力控えて下さい!』のアナウンスの直後に『続きまして夏の甲子園です!』って…その原稿どうなの?読んでておかしく思わないのかな〜、しかも球児は未成年やぞっ!って一人愚痴ってた私。
キンキンとまと

≪夏野菜キンキンとまと≫

先月頭の豪雨からまとまった雨も降らず、沢の水や身体の水分も乏しくなってきました。

棚田での熱中症対策… 水分補給はもちろんですが、他農家さんからのワイロか?おすそ分けか?
トマトやスイカなどの無農薬野菜をふんだんにいただき、冷やして塩をぶっかけ丸かぶり。
これが結構シャキッとします。
人間エアコン装着

≪人間エアコン装着≫

また、今年から導入した人間エアコンってやつも強い味方!かなり重宝しており、首や背中に流れる冷水が渇ききった老体に癒しを与えてくれてます。
除草1

除草2

世屋姫の棚田

集落の棚田

出穂期

≪除草、出穂≫

田植え体験会から2カ月が経過し、お陰さまで次々と稲穂が顔を出し始めました。
先日、除草を終えひと段落。何とか間に合いました。
日々の水管理、中干し、追肥、除草、他農家との喧嘩… 農夫がやるべき事はやった! からこそ喜びもひとしお、この災害レベルの暑さも忘れさせてくれます。

そんな日中の暑さも夜には一転し肌寒くなるほど。
山間部特有の寒暖差(20℃以上)こそが、でんぷんパンパンのお米になる良き環境下なのです。

稲刈りまでのひと月半、獣害や台風など…まだまだ不安要素は尽きませんが、実りの秋までしっかりと管理に努めてまいります…暑っ!


                            米作り担当 伊藤