法人担当 加古川です。

蔵人だよりのブログが始まって早や半年。
これまであまり気にも留めていなかったことが気になったり、
写真を撮って残しておこうという気持ちが表れたりと
自分の中でいろいろな変化が起こった半年でもあります。

そんな中、毎年、夏の夜に人知れずひっそり咲いていた我が家の「月下美人」。
毎年、咲き終わった後の萎れた花しか見ることが出来なかったのですが、
7月のある日、今年初めての開花に遭遇しました。
「今年こそ!」
DSC_0179


それから数日後の休日、たくさんの蕾を発見しました。
数えてみると蕾は8個あります。
DSC_0174_1


一晩で咲いてしまう早い花なので、おそらく今夜がヤマです。
しかも8輪が一気に咲き乱れそうな勢いの膨らみ方です。
これは見逃すわけにはいきません。
日中から何度も観察をしては写真を撮りました。
DSC_0175_1


日が沈みかけたころ、少しずつ花が開き始めました。
やはり今夜は満開になりそうです。
日課のウォーキングに行く前から帰ってくるまでの小一時間でも
確実に花は開いています。
DSC_0191

DSC_0192

DSC_0198_1


どこまで開くのだろう……
寝るに寝られなくなり、かといって睡魔は容赦なく襲ってきます。
こうなるとここからは自分との闘いでもあります。
DSC_0209_1


深夜1時。
やはり眠ってしまっていました。
慌ててカメラを持って外へ出てみました。
DSC01235


暗闇の中に月に照らされて白い花が光っていました。
まさに「月下美人!」
嫁いで23年目にして、初めて目にする光景でした。
感動を分かち合いたかったのですが、みんな寝静まっていましたので
ここは一人占めです。

人の目に触れることなく咲き、日が昇るころにはしぼんでしまう。
儚いこの花を今まで気に掛けることもなくいたことに何とも申し訳なく思うとともに、
来年もまた花開いてくれることを今から楽しみにしています。

因みに今年は深夜1時が限界でしたので、来年はもう少し粘って3時ごろの花の様子を
見てみたいと思っています。

※月下美人:つぼみは初期は垂れ下がっているが開花直前になると自然に上を向いて膨らみ、
      夕方に芳香を漂わせはじめる。夜に咲き始め翌朝までの一晩でしぼむ。
      花言葉は「はかない美、儚い恋、繊細、快楽、艶やかな美人」…だそうです。


法人担当 加古川