殺人酷暑と言われたこの夏。ほんまに暑かった…すでに平坦地では新米の収穫が始まってますが、連日の熱帯夜の影響で出来がイマイチとか。
年々、春と秋が短くなってるような気がします。これからどうなるんだろう〜?
日本の四季は?農業は?作物は? う〜ん、ジャポニカ米の危機。もっちもちの米が作れなくなるかも。
もうこのまま亜熱帯化してしまうのか?と疑ってしまいます。

また、今年は早くから台風の発生が目立ちます。
先日の上陸では雨より風が強く、周りの田んぼがベタこけしました。
頭を垂れる今頃が一番辛く、まるでドミノ倒しのよう。
王道コシヒカリも倒伏に弱い品種で、昔からコケヒカリなんて言われてますから。

酷暑や豪雨強風のこの2ヵ月に、奨励品種って言葉にすら疑問を感じる今日この頃です。
あと半月で稲刈り1

あと半月で稲刈り2

あと半月で稲刈り3

あと半月で稲刈り4

あと半月で稲刈り5

≪稲刈り前の棚田の様子≫

いよいよ9月に入り、棚田の稲も色づいて来ました!

あと半月…なんとか。

しかし、すんなりとはいきませんね。またか… 夏バテの稲たちに最後の試練。
台風上陸前にスマホでパシャ! 通過後にはこの勇姿が見れなくなるかもしれません。

頼む、踏ん張れ!そんなヤワに育てた覚えはない!!って日々祈るばかり。


      米作り担当 伊藤