ここ数年で、『仏像ガール』がブーム(?)になり、どこの寺社に行っても女性の姿が多くなりました。

特に『御朱印集め』は人気のようで、色んな柄の御朱印帳が本屋さんでも売られています。

かく言う私もお寺が好き…なんですが、決してブームに乗った訳じゃありません。
これは声を大にして言いたい!!

私の御朱印帳の1ページ目の日付は平成17年…
今から13年前…まだそんなに流行ってない頃です…
御朱印に並ぶ私を『流行りのやつね』とか言う目で見ないでください……( ´△`)

それはさておき。

こちらがMY御朱印帳。現在2冊目です。
_20181116_003501

右:初代(京都 西明寺で購入)、左:2代目(京都 大覚寺)

13年前は、割とこういったシンプルなものが多かったように思います。
2代目は平成28年に購入しました。
いつの間にこんな柄が?!とびっくりしたのを覚えています。

そして、御朱印はお寺によって本当に様々です。
特別拝観などがあると、その時だけの柄になったりもします。

こちらの御朱印、どこのお寺のでしょうか…?
_20181116_000630


西国三十三ヶ所の28番目、『成相山 成相寺』。
開山1300年記念として、ご本尊が御開帳になった時のものです。
美人観音として知られる『聖観世音菩薩』様、もちろん写真は撮れないけれど、心が洗われるようでした。

●成相寺
http://www.nariaiji.jp/

このほか成相山には、どこから見ても正面を向いているように見える『真向の龍』や、一言で願えば必ず叶うと言う『一願一言(ひとこと)地蔵』、子供の泣き声のような悲しい音がするという『撞かずの鐘』など、みどころがたくさんあります。

登るのは色々ちょっと大変ですが、紅葉も美しく、オススメのお寺です。

ちなみに御朱印帳は、ちょっとでもいい感じに極楽(?)へ往けるように、自分の最期の時に棺桶にいれてもらおうと思っています。

通販担当 永浜