先週、無事に皆造(かいぞう)を迎える事が出来ました。

皆造とは本年度の全ての醪造り作業が終えた事を意味します。
造りから解放されるこの時期には、緊張が解けるのか毎年必ずと言っても良いほど体調を崩します。

そんな絶不調のなか、来年の造りを見据えて、京都もやし町家で3日間行われる麹作りのワークショップへ参加してきました。

麹ワークショップ01

< 看板が無いので迷ってしまった京都もやし町家 >

麹ワークショップ02

< 麹室 >

煉瓦造りの麹室はどれだけ加湿しても湿度が低くなるらしく、雰囲気は良いんですが予想通りとても作りにくそうな感じでした。

麹ワークショップ03

< 菱六の助野社長とツーショット >

シェフ、料理研究家、醸造関係者など多彩なジャンルの皆さんとのワークショップは刺激的で、発酵が今注目されているのを肌で感じることができました。
普段はやる事の無い製麹方法で麹を作ったり、新しい気付きもあったり充実した時間を過ごす事ができ、最終日にはすっかり元気になっていました。

時間に余裕があったので、蔵人の市川と松尾大社へお礼参りしてきました。

麹ワークショップ04

< 松尾大社 本殿 >

麹ワークショップ05

< 山吹と灯篭 >

境内の山吹がとても綺麗でした。


醪造り担当 藤本