醪造り担当の藤本です。

由良蔵の設備導入編を紹介する予定でしたが工事開始が来週からなので、今回は仕事とは全く関係のないプライベートな音楽の話を致します。

私が好きな音楽はたくさんあるのですが、その中の一つに Johnny,Louis & Char(後に改名して PINK CLOUDになります)というバンドがあります。
1978年に結成し1994年の解散まで16年間活動していました。ロックを中心としながらもアコースティックな楽曲や多様なジャンルをミックスした幅広い音楽性が特徴です。
JLC01
< 1979年発売の1stアルバムと解散ライブのラストアルバム >

日比谷野外音楽堂で開催したフリーライブで始まり、また同所でのフリーライブで締めるなんて洒落た事をするんですよ。また両日共に雨天だったにもかかわらず帰る客がほとんどいないという伝説のライブ。

このバンドはギター、ベース、ドラムスの3人で構成されているのですが、メンバーが少ない分それぞれの演奏力やセンスが必要とされます。ライブではMC一切なしの真剣勝負という凄い緊張感がステージ上から伝わってきて、お祭りのようなライブではなくバチバチと火花を散らす様な音が最高に格好良いんです。とはいえ喧嘩のような演奏ではなく、お互いの信頼関係があってこそ出てくるグルーヴが凄いんですよね。
若い頃はよくライブを観に行ってました。

先日亡くなられたベーシストの加部正義さんが在籍していたということもあり、昔を懐かしみ久しぶりにDVDを観る事にしました。
JLC02
< 1987年12月11日 渋谷LIVE INN でのライブDVD >

実は私、この日の5日前に行われた神戸チキンジョージでのライブを観に行ってました。

超満員の会場内で大人に揉みくちゃにされる当時18才の高校生。
こりゃかなわんと少しだけ空いていたスペースを見つけ移動したのですが、そこはなんとトイレの入り口付近でした。店員さんに何度か注意されつつも目隠し用の塀によじ登り、かなり苦しい姿勢でしたが何とか観ることができました。

終電にもなんとか間に合い、色々なドキドキ体験をしたそんな思い出深いライブ。
このDVDを観るといつもあの時の記憶がフッとよみがえります。
JLC03
< 煙草吸わないのに記念にもらって帰った、今となっては貴重なマッチ >

ちなみに5年後の23才の時には横須賀ポートランドで行われた無料ライブ「ぴあ20周年記念 FREE」にPINK CLOUDが出演すると雑誌で知り、なんと青春18きっぷを利用して京都から日帰りで観に行くという無茶な事をした青春時代?もついでに思い出しました。

最近は専ら自宅でオーディオ鑑賞になってしまいましたが、また機会を作ってライブも行きたいな。


醪造り担当 藤本