皆さんこんにちは。酢造り担当の和田です。最近朝晩が冷えるようになってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?今回は搾り槽の準備を紹介したいと思います。
DSC_0367


赤酢を仕込むために熟成酒粕を搾るのですが、搾り槽はこのままでは使えません。色々と装備しないといけないのです。
DSC_0371

なんか、たくさんありますが、これをはめ込んでいきます。
DSC_0372

まずは槽の側面にこの竹の板を取り付けます。竹の凹凸で側面から搾り出た液が流れやすくします。
DSC_0370

(何もない状態の槽の中)
DSC_0374

DSC_0381

(ぐるりと一周します。ちなみにこの竹には1番から29番まで番号がふってあり、順番通りにはめます。)
DSC_0380

DSC_0382

続きまして底面に木を置いて、、、
DSC_0383

DSC_0385

その上に木板を乗せます。

準備完了!これまでの作業は、搾り出した液がこの穴から出やすくするためのもの。

DSC_0387

今回は搾り槽の準備を紹介しました。
機会があれば後片付けも紹介します。
個人的には後片付けもの方が面白いような、、、

酢造り担当 和田