飯尾醸造のある宮津市の隣町、“与謝野町”。
私が生まれ育った大好きなこの町は、今では「ホップ」の生産地でもあります。
2015年に日本ビアジャーナリスト協会代表の藤原ヒロユキさんがホップ栽培の
新天地として“与謝野町”を選定されてから栽培が始まり、今では年間2トン近くも
収穫があるそうです。

与謝野町産フレッシュホップの特徴は、「高品質」で「鮮度が高い」こと。
ひとつひとつを厳選しながら手摘みする丁寧な作業と、生のまま真空冷凍する手法で
高品質・高鮮度を実現されています。

そんなホップで作られたビールを2種類、ご紹介いたします。

【ASOBI】
IMG_8252
IMG_8335

IMG_8400


ホップの爽やかで華やかな香りと程よい苦味が絶妙。のど越し滑らか。
阿蘇海に堆積している牡蠣殻を醸造用水の高度調整や酵母の濾過などに利活用しつつ、
与謝野町産ホップを贅沢に使用したクラフトビール。
飲めば飲むほど海が綺麗になるという、殻の堆積問題にも着目した「ASOBI」は
地域活性を目的とした会社がつくられているだけあって、強い思いやストーリーが感じられる
ビールです。
株式会社ローカルフラッグ かけはしブルーイング
https://kakehashi.beer/




【ハレバレゴールデン】
IMG_8253
IMG_8347
IMG_8399



摘みたてホップの新鮮で鮮烈な香りとシャープな苦みのダブルパンチ。
一般的な大手ビールの11~12倍のホップを生のまま使っているだけあって
香りと苦味の余韻がすごいです。
藤原ヒロユキ氏がホップ農家として与謝野町に移住し手がけられたビール。
ラベルも同氏が描きデザインされているそうで多才さに感嘆、
なによりかわいいパッケージに気分が上がります。
京都与謝野酒造合同会社 Hop-Up Beer
https://yosanobeer.jp/



じつは先日、株式会社ローカルフラッグの代表の濱田さんが蔵に来られて
「ASOBI」とすごく合うとのことで”はちみつ入り紅芋酢”をたくさんご購入いただきました。


弊社レシピでも「ビールと”はちみつ入り紅芋酢”のカクテル」を掲載しておりますが、
やはりこのふたつの組み合わせの相性は抜群なのだ!と確信いたしました。
皆さま、今年の夏はビールとはちみつ入り紅芋酢の組み合わせが熱いです!

はちみつ入り紅芋酢とビールのカクテル
https://www.iio-jozo.co.jp/recipe/180

どちらもそれぞれのオンラインショップで販売されていますので、ぜひお試しください。

法人担当:庄司