先月降り積もった雪もすっかり溶け、天気予報を見ると、雪ダルマのマークも所々にあるくらいで、あまり降りそうにありませんが、冬の寒さはもうしばらく続きそうです。
腰にはカイロ、脚にはレッグウォ―マーを着用して寒さ対策をしている酢造りの相見です。
春が待ち遠しい今日この頃ですが、一昨年の冬に買ったシクラメンを昨年の5月頃に球根だけの状態にし、屋外の雨のあたらない半日陰に移動、水をあげずに休眠させ、夏を越し、秋の風を感じる頃から水やりを開始し、葉が出てきたら日当たりの良い場所に移動しながらと手を掛けた結果、12月に蕾ができ、いつ咲くかなと楽しみにしていたら、2月に入りやっと花びらが開き始めました。
家内いわく「花の生命力から癒しと、パワーがもらえる」と、いつも言っていますが、私もこのシクラメンからパワーをもらえるように手を掛けていきたいと思います。
0CC1A157-D546-44FF-89E5-AB8A2C49CD37

2月と言えば節分ですが、我が家では豆を撒かずに「病おくり」といって歳の数の豆を紙に包み
C5D6B04A-B7C9-4786-9C07-F9F2F1FACFDD

69A6C1C9-818A-4C8A-93E6-383254722CC8

「治れなおれ」とつぶやきながら体の気になる場所にあてがいます。
C9FE6A87-6527-4A3C-B0E3-135E4E67C5FF

そして病おくりの次は恵方巻を食す
今年は富士酢プレミアムで酢飯を合わせて作ってみました。
93AF2E36-BCE5-4B04-A450-048CD9181FDD

当たり前のようにやって来る季節の行事ごと、何気なく迎えることが出来ることに歳を重ねて来た今、幸せだなと感じています。
週末には桃の節句に向けて雛人形を出しながら小さな幸せを感じたいと思います。
          酢造り 相見