飯尾醸造の公式クラブ活動「クラフトビネガー部」は、お酢とスパイス、ハーブを使ってオリジナルのクラフトビネガーを作ろうというコンセプトで昨年の4月に活動を始めました。

新しいものを作るということが得意ではない私は、今までのレシピを参考にしながらいろいろなフルーツを使って試作してきましたが、スパイスやハーブを使うというハイレベルなテーマも加わっていたため手探りでの活動スタートでした。

いろいろ失敗も重ねてきた中で昨秋、自宅に実った柚を使ってホットドリンク用のクラフトビネガーを試作してみました。

家族の話によると柚の実にもいろいろな種類があり、香りがしっかりあるものと果汁がたくさん取れるものがあるそうで、小ぶりながら果汁のたくさん取れる柚を使用した「クラフトビネガー・ゆず」が誕生しました

寒い時季には熱々のお湯で割ってやまつ辻田さんの極上七味や粉山椒をパラパラと振りかけると、より一層香りが引き立って温かさ倍増でした。

DSC_2633

DSC_2568

IMG_0261


この「クラフトビネガー・ゆず」はキンキンに冷えた炭酸水で割ってもとても美味しく、嬉しいことに直営のイタリアンレストランaceto(アチェート)のドリンクメニューに採用していただきました。

店長の山蔭によると定番メニューとして載せ続けます!というありがたい返事をいただきました。
acetoにご来店の際はぜひこちらの「クラフトビネガー・ゆず」もお試しください。

スクリーンショット 2023-05-16 160700


今蔵では週末の田植え体験会にご参加いただく皆様に飲んでいただければと、新しいフレーバーのクラフトビネガーを仕込んでいます。

DSC_3478

DSC_3467

DSC_3466


何度か試作を重ねてきた中でいつもネックだったのが、お酢の味がしっかりしすぎていることと甘さが勝ってしまってフルーツ本来の香りや味が感じられないということでした。

今回はその点を改良しフルーツに合うスパイスとハーブを私なりに吟味して作ってみたところ、酸っぱすぎず甘すぎず香りもしっかりあって飲みやすい!という印象でした。

社内でもテイスティングをしてもらって美味しいという感想をいただくことが出来たので、今回の仕込みとなりました。

今回は棚田ではなく交流会の会場で皆様にお飲みいただければと思っておりますので、ご参加いただきます方はぜひこちらの「クラフトビネガー・苺」と「クラフトビネガー・キウイ&檸檬」もお試しください。

お酢をご注文いただきました方にはクラフトビネガーを作っていただけるリーフレットを同梱しております。

ホームページのレシピでもご提案しておりますので、こちらもご参考にしていただきスッキリ爽やかなテイストのクラフトビネガーでこれからの季節をお過ごしください!

DSC_2357




通販担当・クラフトビネガー部部長  加古川🍋🍊🥝