無事に今年の米作りが終わりました。

いつも応援いただいておりますみなさま、本当にありがとうございます。
例年以上の酷暑のため、米の品質が気になる今日この頃です。

さて、おそらく世界で最も人口の少ないエリア、具体的には人口24名の集落、宮津市上世屋で開催されるファッションショー、通称セヤコレ2023SS(Spring & Summer)の発表です。

まずは、一般部門の田植リエ(男性)から。

水島洸さん


≪水島さん≫

苗の瑞々しい黄緑色に合わせて、緑色のツナギが絶妙。

あくまで今日は苗が主役という水島さんの謙虚な性格があふれ出ていますね。

ツナギの他はブラックの小物で統一したところもGOOD。

続いて、田植リエール(女性)。

れいこさん


≪れいこさん≫

グレーとブラックのモノトーンコーデ。
いたってシンプルですが、バルーン状のパンツのボリューム感がモンペではなく、なんだか都会的。

そしてなにより、斜め掛けしたサコッシュがいいアクセントに。
飯尾醸造スタッフのバッジを縦に配したところにセンスを感じます。

続いては、富士酢Tシャツ部門。

残念ながら、田植リエは該当なしでしたので、田植リエール(女性)を発表します。

MCさん


≪MCさん≫

グレーとピンクのコーディネート、個人的にすごく好みです。
(富士酢Tシャツは微かに見える程度ですね)


特に、パンツのグレーを長靴の泥がひろっている感じ、MCさんの緻密な作戦に驚きました。
空のブルーや苗のグリーンをひろう方はたまに見かけますが、泥にまで気を配るのがスゴイ。
さすが、ベテランさんです。

上記の3名の方には、富士酢の米(3圈砲犯麈簓覆里酢をプレゼントします。

最後に、グループ部門は2組を発表します。

Kさん


≪Kさん一家≫

こういうお手製のTシャツで参加いただけると、みんながほっこりとなごやかムードになります。

この写真が家族の思い出の一助になれば幸いです。

平岩さんグループ


≪平岩さん一家≫

全員がギンガムチェック。

アイテムやカラーに変化をつける上級者の仕業。

ご家族の仲の良さが伝わってくる一枚です。

2組にはグループ賞として、非売品のお酢を1本、お届けいたします。

ファッションショーにご参加いただきましてみなさま、ありがとうございました。

五代目 彰浩